スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも町は廻っている 8巻感想

Category : その他感想
それでも町は廻っている 8 (ヤングキングコミックス)

きっかけはシャフトアニメでしたが、久しぶりに作者の思いと考えがぎっしり詰まった漫画に出会いました。

だいぶ前から、某掲示板等で名前は見ており、なんとなくは気になっていたんですが、表紙がメイドのため敬遠していました。

なぜ、メイドだと敬遠するのかと考えると、おそらく仕事と趣味で毎日のように通う秋葉原で
嫌というほどメイドの格好をした輩を見せられ、差し出されるチラシなどを無視して通り過ぎていることによる小さなストスの蓄積のためか
もしくは世間(よく知らないけど)の「ヲタ=メイド好き」という型にハマるのが嫌だったからでしょうか。

しかし、実際漫画を読むと、作者自身もほとんどメイドへの思い入れはなく、物語でも重要な要素でもなく、作品中の商店街や人物の魅力に比べると、上記のメイドに対する敬遠はどうでも良くなる些細な事でした。

魅力は書いてしまうと野暮になるので控えるとして、巻末のあとがきがこの作品の重要な役割を果たしているとおもいます。

内容的には、作者が「この巻のテーマは~でした」という形で書いてあるんですが、その文章を読んでから改めて内容を思い返すと「まさにその通り」と実感させられます。

ガンダムで例えると、自分の周りを飛び回っていたファンネル達が、敵の一声で一斉にこちらを向き射撃してくる感じ。なんだそれ。

私があんまり作品数を読んでないからかもしれませんが、こういった1話完結型の作品で1巻単位でテーマを決め、こうも見事にまとめているのを読むのは初めてです。
音楽もあまり聞かないので分かりませんが、いいアルバムもそんな感じがあるんでしょうか。

それはそうと髪が短くなった歩鳥がかわいいです。


P.S.
12/11現在、皆川亮二の新刊2つが秋葉原のとらのあなで売り切れ。
ADAMAS(5)は10日にぎりぎり買えたけど、PEACE MAKER(6)がまだ買えなくて早く読みたいです。

PEACE MAKER 6
ADAMAS(5) (イブニングKC)

Comment

非公開コメント

日めくりカレンダー
絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

最近の記事
全タイトルを表示
ついった
カテゴリー
最近のコメント
リンク
Amazon
プロフィール

ろっく

Author:ろっく
漫画とアニメと栄養が好き。
PHP、Python、jQuery使ってるWEBプログラマ。
ついったー

RSSフィード
検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1435位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。