スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊少年サンデー14号感想

Category : 週刊少年サンデー
sunday14.jpg

少年サンデー&少年マガジンが発売したのが昭和34年、今から50年前の3/18
ということで、サンデーは↑のような、創刊号のデザインを真似た表紙でした。
買う時一瞬戸惑いました。最新号を買おうとしてるのにあれ?というか。

一方のマガジンはいつも通りの表紙でした。
表紙でコラボはもうやらないんでしょうか。

中身の方でも、サンデー創刊時のエピソードの読みきりが掲載されていました。
漫画雑誌は月刊だけで、週刊漫画雑誌は小学館にとっても、日本出版界にとっても
未知の試みであったという当時の状況や、手塚治虫先生をはじめとする連載作家の奪い合い、
初代編集長の熱意に行動力と、それを認めた当時の社長の先見の明、
そして、最後の講談社との価格付け競争のエピソードといい、当時の熱意と努力が
伝わってきて、とても面白かったです。

・・・で、どうしても考えてしまうのが今のこと。

にょんたかねっとさんも書かれていた最近の部数低迷だけでなく、
サンデーは、現在講談社でさよなら絶望先生を連載している久米田康治先生に、
集英社で、PEACE MAKER 、講談社でADAMAS を連載している皆川亮二先生、
さらに、以前サンデーで金色のガッシュ!! を連載していた雷句 誠と
非常に優秀な漫画家が次々と流出しております。

雷句先生の事件は、世間でも騒がれ、
小学館、サンデー編集部に対する不信感も与えたと思いますので、
将来化けるかもしれない新人も、かなりの数が外部に流れてしまったと思います。

今号の読みきりであったような、編集者のがんばりや、漫画家に対する熱い思いは
全く持って感じられません。今回の読みきりは編者こそ、よく読んで欲しい話だと
勝手ながら感じました。

他にも私が、就職活動の時に記念に見に行った小学館の職場見学からも
いろいろ言いたいことが多々あるのですが、文句だらけになってしまうので
ここまでで。

なんだかんだいって、一番私に合っているのはサンデーなので
がんばって欲しいです。


Comment

>少年サンデー&少年マガジン/表紙
なんぞww
なんか50円ぐらいで駄菓子屋で買えそうな雰囲気漂わせていますねぇw


>今のこと。
まぁ、サンデーの事は『大手漫画家育成予備校』と考えれば、それはそれは素晴らしい実績の持ち主に見えますよ?笑

ただ…この場合は、講師による生徒への教え方が良かったわけではなく、(=サンデー編集部による漫画家への扱いが良かったわけではなく、)
生徒自身がそもそも優秀だったから第一希望校に入れたわけで、(=漫画家自身がそもそも優秀だったからBIGヒット出来たわけで、)
そこら辺、講師及び予備校は勘違いしない方が良いですよ?(=そこら辺、編集者及び小学館は勘違いしない方が良いですよ?)

でもやっぱ、生徒の模範解答を無くしておきながら講師がヘラヘラしちゃったら…そりゃ、生徒も怒って鞍変えしちゃいますよね。

ってな感じですかね。

なんだか最近思っていたことをほとんどろっくさんに
書き綴られた感じです。
やはり雷句先生の件は象徴的なことだったと思います。
まだ絶望先生の背景に「漫画界が平和になりますように」ネタが時々ありますし。

要は、あらゆる分野でもそうですが、人、物、環境などが悪くなったら、そりゃあいい人材は育たないし、これまでいた人も出て行ってしまう、そういうことでしょうね。
・・・と、相変わらず賃下げ圧力が強い一般労働者の立場として書いてみます。

>我輩は猫である。故に名はまだ無い。さん
こんにちは!

>50円
当時は30円(マガジンは40円)だったそうですね。
それが今や5倍以上・・・。
売り上げは・・・。

>大手漫画家育成予備校
わかりやすい上手い例えですね。
たしかに、あれだけの生徒数とブランド、権力を
持ってれば、扱いがどうだろうと、実績を残せますよね。

最近の事件、状況で、それが崩れてきたのは
かなりの痛手だと思うのですが、
それに対する対応が全くといっていいほど
見られないのは大丈夫なんでしょうか。

ではコメントありがとうございました!

>にんクン。さん
こんにちは!

>象徴的なこと
久米田先生や新條まゆ先生をはじめ
今まで表沙汰にならなかっただけで
かなりの問題が起こっていると思われるので、
それが表に出たのは状況がそういう状況に
なってきたってことでしょうかね。
変わらない限り、こういった問題はまた出てくる
と思います。

>賃下げ圧力
大手出版社の給料は異常です。
この先、下げるか、潰れるかしなきゃいけない
時が必ずくると思いますけど。

ではコメントありがとうございました!
非公開コメント

日めくりカレンダー
絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

最近の記事
全タイトルを表示
ついった
カテゴリー
最近のコメント
リンク
Amazon
プロフィール

ろっく

Author:ろっく
漫画とアニメと栄養が好き。
PHP、Python、jQuery使ってるWEBプログラマ。
ついったー

RSSフィード
検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1321位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。