スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARIA12巻とおおふり9巻感想

Category : その他
秋葉原のとらのあなにDJCDさよなら絶望放送Vol.2を買いに行ったら
売り切れてました。
相当売れてるってことでしょうか。
カードのポイントが惜しいけどamazonで買おうかな・・・。

時間が空いてしまったので、ついでに買ってきたARIA第12巻と
今更買ったおおふり9巻の感想です。


ARIA(12) (BLADE COMICS)
4861274826
天野こずえ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ついに終わってしまいました。
アリシアさん結婚&引退の話が雑誌に掲載された時は
某掲示板で、もの凄い勢いで裏切り者、悪女、ビッチ、ヤリシア、
自己中等などとアリシア叩きが行われたり
トラウマとなりアリシアさんのAAを見ただけで鬱になったり憤る方が出たり、
もうアニメも見ないと言う方もいたりと大騒ぎだったのも記憶に新しいです。

続けようと思ったら、続けられただろうし、もっとやって欲しかったという気持ちも
ありますが、そう思えるうちに終わったのが良かったのかもしれません。

作者の愛猫であり、作中の社長のモデルにもなった
ヒメに引き続き、アリアも亡くなって(11巻巻末)のも大きかったのでしょうか。
リアルヒメが亡くなったと思われる頃からちょっと雰囲気が変わった気がします。
作者に、いつか変わり、終わる今を楽しむことを教えたのも猫だったのかもしれません。

私の家でもちょうど猫2匹飼っていて、今年で17、18歳とかなりよぼよぼなので
ヒメ社長の死を知った時は他人事じゃなかったです。
死にかけを拾ってきてそれだけ生きたんだから悲しむ必要はないとは思うのですが。

12巻全体的には、今までのARIAではありえないようなスピードで話が進んで
あっという間に終わってしまいました。

11巻はアリスの飛び級プリマ昇格で終わり、
12巻はこれから起こることを予兆させるような人形の話ではじまり
すぐに藍華も昇格し、なかなか会えなくなった3人の関係の変化を描き、
そして灯里のプリマ昇格とともにアリシアとの別れ。
最後は、そのめまぐるしい変化を受け入れる灯里と
みんなのその後。

藍華の昇進テストに関しては全く描かれないなど、
かなり端折って、あっという間に物語が進みますが、
私の短い人生経験からも受験、卒業など、生活に大きい変化がある時の
体感スピードは異様に早く、細かい事は覚えていないので、
読んだときはその大忙しな感覚が思い出されました。
ただ12巻に詰めただけでなく、狙ってやったのかな。

ARIA全体としては、絵では顔の表情が自由に描かれていて豊かで、
感情がよく乗っているところが好き、話では7巻が一番好きでした。
藍華の髪切りとヘアピンの回が入っている巻です。
表情も話も、あの感じは男じゃ描けないだろうなぁ。

天野こずえ先生の次の作品も楽しみです。


おおきく振りかぶって Vol.9 (9) (アフタヌーンKC)
4063144828
ひぐち アサ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

去年の12月に出てたとは・・・。
卒論とかで忙しかったのでスルーしてしまったよう。

冒頭は美丞と桐青キャプテンのファミレスでの話。
ファミレスというと改蔵のあの話が浮かんでしまいますが我慢。
おおふりの凄い?所は、他チームの人物も他人とは思わせない所だと
思います。敵と言えば敵なんだけど、それだけでは言葉が足りないというか。
下手すると西浦の影の薄い奴よりも、他チームの主要キャラの方が印象強かったり。

この巻で始まる崎玉戦も、西浦がコールドを狙うくらい実力差がある(と思われる)ので
崎玉を応援してしまいたくなったり。

今まで、頑張ってるのに扱いが可哀想なマネージャー(だがそれがいい)と
三橋の親戚以外(監督は場外)女っ気はありませんでしたが、
今回チアを志望する女の子2人が現れました。
ミーハーっぽいので個人的にはどうでもいいんですが。
色話が無さ過ぎなので、補充したんでしょうか。
果たしてこの漫画にそれが求められているのか激しく疑問です。

きっとこの漫画に(一部の熱狂的な方々から)求められているのは
この巻だと観戦中の阿部の苦悩と三橋とのやり取りみたいな内容ではないかと
思うんですが、どうなんだろう。
男は試合と勝負が面白いと思う、と思う。

上でちょっと書いたように、次の試合は大して強くない(と思われる)崎玉戦で、
西浦はコールドを狙いますが、弱い相手との勝負をこんな風に描くとは
上手いと思いました。

他の漫画だと、弱い相手の試合はささっと終わらせてしまうのが
多い気がしますが、崎玉戦はコールド勝ちという、ただ勝つよりも
難しい目標を掲げる事で、戦略が必要となり緊張感も生まれ(特に花井)、
さらに敵(崎玉)の選手のキャラを詳しく描くことで(佐倉や3年)
敵に対して愛着や親近感が生まれ、
西浦が勝っても、単純には喜べないちょっと複雑な気持ちになります。
特に佐倉が敬遠されるのはかわいそうな気がしてしまいました。

どうでもいいけど、突然青ざめて謝り始める佐倉を見たとき
加賀愛ちゃんが思い浮かびました。

Comment

はじめまして!
とっても素敵なサイトですね(´∀`)
私もちょっぴりダークなギャグ漫画サイトを細々とやってます('A`)bよろしければ遊びにいらしてくださいね☆

マリア可愛いですなぁ。なごみます。

めきめきと腕を上げられているので見に来るのが楽しみだったりです。マシンパワーも羨ましい!私のノートだと画像ソフトちょっとカクカクです(汗

>エマニエルさん
はじめまして!
サイトの色にびっくりしましたが
描かれてる漫画の数すごいですね。
読ませていただきます。

コメントありがとうございました。

>ちえさん
こんにちは!
こんな所にありがとうございます。

>マリア
マリアいいですね。
余計な事考えず、かわいく描きやすいです。

>めきめきと腕を上げられているので
そう見えますか!?
ちえさんにそう言って頂けると
ちょっと安心します。

ちえさんみたいなハイレベルな萌え絵を量産してみたいものですが。
特に普通の恋愛もありですか?の奈美が最高でした。

>マシンパワー
ちえさんノートなんですか!
やっぱり腕ですよね!
私は中学生の時からパーツを見ては燃えていた
根っからのパソヲタなので無駄にハイスペック
にしないと気が済まず、それなのに
絵は相変わらずしょぼくて恥ずかしいかぎりです・・・。
今のでもそんなに困らないのに、
就職後お金がたまり次第また組む予定ですが。

>ちょっとカクカクです(汗
今の性能凄いので、新しいの買われたら
凄い快適になりそうですよ。
MacだとMacBook15万ちょっとので
CPUとメモリを見る限り私のデスクトップと
同じかそれ以上の性能の予感・・・。
くやしい・・・。

ではコメントありがとうございました~。
非公開コメント

日めくりカレンダー
絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

最近の記事
全タイトルを表示
ついった
カテゴリー
最近のコメント
リンク
Amazon
プロフィール

ろっく

Author:ろっく
漫画とアニメと栄養が好き。
PHP、Python、jQuery使ってるWEBプログラマ。
ついったー

RSSフィード
検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
873位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。