スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!第121話~123話感想?

Category : ハヤテのごとく!
第121話
伊澄とナギの過去が少し明らかに、あとナギが宇宙に飛び立つ回。

アニメ放送開始記念に巻頭カラーで
マリアさんの恥ずかしい姿が見開きで載ってます。

やっぱり無いわけではないけど小sry
褒め言葉なのでryしなくてもいいですかね。

ハヤテは伊澄の力を戻すために、
ナギはマヤと宇宙船のために、
それぞれ鷺ノ宮の温泉宿に到着。

宇宙船を見つけたマヤはすぐ向かおうとしますが、
ナギはハヤテを見つけ、浮気を疑って一緒に追跡する事に。

伊澄は相変わらずハヤテの血を飲もうとはしませんが、
そこで伊澄とナギの過去が少し語られました。

8年前、伊澄は母親が亡くなって悲しんでいるナギに
母親を呼び出して声を聞かせてあげようとしたけど、
失敗してナギを怖がらせてしまったようです。
以前もちょっと語られたけど。
失敗とは一体何のかはまだ謎のようです。

どんな失敗だったんでしょうか。
幼ナギのパンツが見えていること以外の失敗は。

ハヤテはあたりに漂う重い空気に帰ろうとしますが、
そこで大おばあさまが登場し、ハヤテを棘付き鉄球で一撃。
伊澄のために血を出してあげてます。
孫思いの優しいお婆さんですね。

でも、やっぱり伊澄は飲まず。
こんなにやっちゃったんだから、ギリギリまでやって
飲んでやった方がハヤテのためにもなると思うんですが・・・。

いや、もし、ここでハヤテの血で直しても、
原因である自分の力不足をどうにかしない限り、
根本的解決にはならず、また同じことを繰り返すことになるので
飲まないのでしょうか。

まあどちらにしても無駄に血を流したハヤテ。

更にその後虎鉄に迫られ大変な事に。
血だらけのハヤテを襲う虎鉄の姿は壮観です。

虎鉄はハヤテへの強い思いと、今までの鬱憤、
そして前科を持った事によって、何かか弾けてしまったのでしょうか。
今後も楽しみです。


その後、ナギにベーコンレタス疑惑をかけられたハヤテは
「お嬢様はまだちっちゃな子供だからと言う正常な反応で・・・」
と言い訳をしてしまったため、見事虎鉄との関係を認められることに。

そういえば虎鉄は、いいんちょの所で
まだ雇ってもらえているんでしょうか・・・。

逮捕されたのにクビになってないなら
ありえないぐらい寛容です、いいんちょ家。

ハヤテの発言に切れたナギは、マヤとともに
宇宙へ家出しようとしますが、伊澄曾祖母に襲われ
ナギだけが宇宙船に残り、飛んでいってしまいました。

現実に近い世界ながら、高性能ロボに幽霊に宇宙人,
そして限りなく不自然な17歳とほんとなんでもありですね、
ハヤテのごとく!は。




第122話
この号からお茶にごす。が始まったのか・・・。
茶道部部長に惚れました。


宇宙船に乗ったナギを救出する回。

ナギの乗った宇宙船が亜光速で飛んでいってしまうと
時間差が凄い事になって、もう会えなくなる事を知って
焦るハヤテ。

相対性理論だと、速度とか、重力とか、エネルギーを持ってると
そうでないものに比べ、時間が遅くなるんでしたっけ。

・・・・・・これはマリアさんに使えるのでは?
100年とは言わず、10年分、2.4時間ぐらいマリアさんが
宇宙船で旅に出て戻ってくれば、
地球の時間の年齢では見事自然な17歳になっているはず!

まあその頃にはハヤテは26歳になったり、ナギも23歳になったり
してるんですが・・・。


宇宙船という、あまりに現代科学から卓越した状況に
何も出来ないハヤテですが、そこは同じく凄い伊澄が登場。

ハヤテにキス・・・ではなくハヤテの血を飲み
変なバッターを呼び出しワープさせました。
Majorの600回記念も兼ねて。
あっさり伊澄がハヤテの血を飲んだのは
ナギを助けるためですね。

そして、宇宙船の中にてナギとハヤテが再会。
感動的なシーンと思いきや、ハヤテの手が気になって
しょうがありません。

左手お尻もみすぎですから・・・。

右手は服捲り上げてるし・・・。

しかも、ハヤテの頭とナギの頭が並んでますから
相当強い力でお尻を持ち上げているんでは無いでしょうか。
重力も普通にあるみたいだし。

やっぱりちっちゃな子供が大好きだったハヤテ。
サンデー読者の8割と同じく。

けしかぅらやましい。
・・・台無しです。
私のいかれた脳のせいで。

再会シーンは終わり、操縦していた雪路を撃破し、
ハヤテと同じ方法でワープしてきたマヤによって
無事帰れました。

その途中、夢の中?でハヤテにナギのことをよろしくと、
話しかけるナギの母親紫子さん。

もしマリアさんの妹として出てきても自然な外観です。



で、ハヤテが目覚めるとそこは紫子さんのお墓。
マヤと紫子さんは何か関係があったのでしょうか。
マヤはまたいずれ出そうです。


第123話
前回からの続きで、ナギ母のお墓の前にて。
冒頭では、ナギと伊澄の回想が描かれています。

その回想の中で、幼い頃のナギは、亜光速で宇宙船だとか、
マヤの宇宙船と思われることを口にしていますが、
一体どのように繋がっているんでしょうか。

ナギ母の霊?がお墓のある下田に、マヤの宇宙船を呼び寄せ
ナギにメッセージを伝えに来たとか?

あと、ナギ母が宇宙人みたいなものとか、ハヤテと似ていることも
どんな意味があるのか無いのか気になります。


その後、ナギが母親が亡くなった時のことを話し、
暗い雰囲気になっている所に、
咲夜がツッコミとともに登場。

自ら憎まれ役を買ってでも、空気を一挙に変え、
そこにいたかどうか分からない伊澄の存在までも
明らかにしてあげています。
相変わらず優しくて出来る子ですね、咲夜は。

その後、マリアさんも登場。
まるで息子のお下がりを着ているような服装ですが
お金持ちでありながら、そのような格好をすることで
環境保護を訴えているんでしょうか。

・・・生きてる。


そして、次はヒナギクと西沢さん。
裸の付き合いをしたせいか、距離が縮まっている感じがします。
さらにそのヒナギクにまとわり付くように
生徒会3人組が登場。

ヒナギクの無いところは、やはり数値では測りきれない魅力が
あるようで美希が抱きついています。
サンデー読者だけでなく、作中の女の子にまで人気があるようですね、
無いのは。



そして、虎鉄も弁当持参で登場。
持ってきたお酒が入っているような容器に書かれている文字は
「カルピチュ」

虎鉄が、男が、愛するハヤテのために持ってきた
きっと白い液体であろうカルピチュ・・・

どうみてもせいsry

マジやばいですってこれは・・・。
ハヤテ以外飲んで無いですよね?
やばすぎる・・・猥褻すぎる・・・私の妄想が。

・・・・女の子達はカルピチュ飲んでない!
これ以上考えると大変なことになるので
そう結論付けておきます。




そして宴会が始まり、マリアさんは今まで練習してきた
一人カラオケを披露し、泉は伊澄にカルピチュではない飲み物を注ぎ、
どこにいたのかSP達も大騒ぎ。

どうでもいいけど、"いすみ"と"いずみ"ってかなり似てますね。


ハヤテとナギは、その宴会場から離れたところで
母親のことなどを話していますが、
お金をいくら積んでも死んだ母は戻ってこない、
でも帝はその事が分かってないという所が気になります。

手にはハヤテに渡した謎の飛行石もどきを持ってるし。
ハヤテの不幸力を増幅していたのも、何故なのかまだ
分かってませんし。今回は謎だらけです。
ナギ母関連のことは、この物語に重要な意味を持ってそうです。


最後はハヤテとナギがナギ母のお墓に向かっていろいろと。
これで下田温泉編は終了です。



Comment

レビューが続いてますね~。
ぜひ今週のマリアさんのレビューまで
焦らず追いついてくださいw

虎鉄さんは・・・駅撮りであんないいいカメラで
連写するなんて勿体無いっすよw

有名な撮影地へ出かけてロケ撮影、そのときに
連写連写連写ァァァッ!!!
熱海あたりだと、根府川に有名撮影地が・・・って、
そういう話はよそでやりますw
非公開コメント

日めくりカレンダー
絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

最近の記事
全タイトルを表示
ついった
カテゴリー
最近のコメント
リンク
Amazon
プロフィール

Author:ろっく
漫画とアニメと栄養が好き。
PHP、Python、jQuery使ってるWEBプログラマ。
ついったー

RSSフィード
検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1955位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。