スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!第88話感想

Category : ハヤテのごとく!
第88話「SUCCESSFUL MISSION」 
それは失敗できない任務。
まぁ負けられない戦いに、負ける事もあるわけです。
感想?

タイトルの元ネタは。お馴染み林原めぐみさんの同名の曲ですね。

今回はヒナギクいじめから、西沢さんとハヤテのデート、
そして最後はハヤテの自慢話に。正直とても不快でした。
少年漫画の主人公として、どうかと思いました。

扉絵は西沢さん。川にスイカ。本編はともかく夏ですね。
もうすぐ梅雨明けだそうです。
山が三千院邸内のそれと似ている気がしますが。

冒頭は、ハヤテが初めて会ったときの事を覚えてたことが
余程嬉しかったのか、指をゴニョゴニョする西沢さん。
それなのにハヤテは空気を読めていなくて、西沢さんが可哀想です。

その後、2人に追いついた生徒会三人衆。
美希が、ハヤテに
「よし、では行こうか。」
と聞くと
「? 行くってどこへ?」

自分で言い出したのに、完全に目的を忘れてますね、こいつは。
目の前の獲物(ハム沢)の事で頭がいっぱいだったんでしょうか。


次は高校で、薫先生の補修の手伝いをするヒナギク。
薫先生によると、補修をしていると野球になるという雪路。
そんな姉にヒナギクは
「いっそクビにしてはどうですか?」
確かにそうなんですが、姉に対して容赦なく厳しいですw

生徒会3人も補修だったのですが、すぐ逃亡したそう。
3人は、かばんを持ってない事からして、
最初から受ける気は無かったんですね。
他の二人はともかく、泉ちゃんもあんな顔してやってくれます。


ヒナギクが、補修の手伝いを終えた帰り道には、
女の子達に囲まれたハヤテが。
氏ね

それを見たヒナギクは、ハヤテが多数と不純異性交遊をしている
と思ったのか、サッと隠れます。ハヤテなので無理もないですね。

ハヤテ達はヒナギクの誕生日プレゼントの相談をしていますが、
「僕、可愛いぬいぐるみとかいいと思ったんですよ。」

というのを聞いて
「えー?えー?可愛いぬいぐるみってー?ちょっと嬉しいかも・・・」
ドキドキ

ぬいぐるみと聞いただけで、ドキドキするヒナギク!
これは可愛い過ぎです・・・!
たとえ借金してでも買ってあげたくなります。

が、
「ほらヒナギクさん、子供っぽいとこあるじゃないですかー。」
とわざわざ愚弄するハヤテ。
そこが可愛いのに、分かってませんね。

6巻の巻末プロフィールで美希は
「自分以外の人間がヒナギクを困らせるのはがまんならない」

とありましたが、さっきのハヤテの言葉はそれに当たらないのでしょうか。
誰でも良いから、奴をどうにかして欲しいんですけど。

その後、美希のヒナギクいじめが始まります。
「花とかどう?バラとかいいんじゃない
「いや、意外とうっかり者だからトゲでケガしちゃうかもだぞ。」

「ゲームとかはどうだ?」
「ムリだ。きっとすぐ壊す!」

「なんかやっぱり、服とか貴金属がいいんじゃないかな?」
「たしかにメリケンサックとか特攻服とかは似合いそうだな。」


さすが、幼馴染。よく分かってます。
美希がヒナギクをいじめるのは、なぜだか許せるというか、
むしろ歓迎です。

その後、ハヤテと西沢さんはデートし、残される三人組。
美希が「あれで実質中身は男の子みたいなもんだし。」
と言った所で、怒れるヒナギクが登場。

それに対し、朝風さんは顔面蒼白でゾゾ・・・
美希はビクッ、そして瀬川さんは「にゃ?」
瀬川さんの反応が激しく可愛いですが、
他の二人と比べて、そんなに困ってない顔といい、
なにかを待ち受ける体勢といい、とてもドMらしい態度ですね。
かわいいです。
それを考慮に入れて見直すと、この後に待ち受ける恍惚の瞬間を
待ち望んでいる顔にも見えます。

で、ハヤテと西沢さんはデート。
ヒナギクの誕生日プレゼントを探しに来たはずなのに
全くその会話がありません。
西沢さんはともかく、ハヤテは一体何を考えているのか・・・。

ハヤテと少し歩いただけなのに、オチに怯える西沢さん。
可哀想です。
ちょっと心配のしすぎですよね。
西沢さんはバレンタインの時もオチはありませんでしたし、
何といっても、現在そっち方面はマリアさんの独壇場ですし。

その後二人は、バレンタインの時の話をします。
はっきりしないハヤテに、加害者意識に苛まれる西沢さん。
西沢さんは純粋な感じがするんですが、
ハヤテのセリフは全部演技に見えます。むかつきます。


そして、ハヤテに嫌われているのかもと勘違いし、
その場を離れる西沢さん。加害者意識がちょっと過剰です。


西沢さんが去った後、影で見ていた生徒会4人組は、
ハヤテに、なぜ西沢さんにはっきりしないのかを問いただします。

すると、ハヤテは
「だって僕には・・・女の子を養う甲斐性がないから・・・」
とのこと。
てっきり、またナギの事を言うのかと思ってたのに。

それを聞いたヒナギクは
「えっと・・・なんの話?ていうか、いつの時代の話なの?」
その通りです。
それにヒナギクはしっかりしてるので、
男に甲斐性は必要ないんでしょうね。

ハヤテは続け、
「男が女の子とちゃんとおつきあいしたいなら
一生面倒をみる甲斐性を持てって・・・
前の彼女に言われたんです!!

と衝撃の発言。

最初呼んだ時、これはハヤテなのか、それ以前にこれはサンデーなのか
衝撃のあまり分からなくなってしまいました。

モテない少年が主人公のレンジマンも始まったサンデーの漫画の
主人公が「前の彼女」なんて言葉を口に出すなんて・・・。

私は、少年漫画の主人公は彼女いない暦=年齢が暗黙の了解だったと
思っていたんですが・・・。
だから、彼女じゃないけど仲が良い「幼馴染」(タッチをはじめ
現在でもアルバトロス、コナン、結界師などでも)が発達してきたのだ
と思うんですけど。

それを傲慢にも破ったハヤテ。
カムニルさんの言うとおり
バレンタインの時のマリアさんに対するセリフは、
完全にマリアさんを、強いては読者の8割以上を侮辱するつもり
だったということが証明されました。
許せません。

しかし、それによりマリアさんの清純さが、読者に対する親近感が
ハヤテのごとく!内で相対的に大幅にUPしました。
あと薫先生も。

ハヤテの回想では、「アーたん」と呼ばれるその彼女。

幼稚園の時だろうが、実際に有機物として存在した彼女のようです。
ハヤテが"女の子の友達"ではなく、"彼女"ということは、
やはり、それだけの事があったのでは無いでしょうか。
例えば、若気の至りでキスをしたり、一緒にお風呂に入ったり
お医者さんごっこをしたり・・・・・・・・・・。

そういえば、ハヤテ。
ナギのほぼ全裸を見た時のリアクションはほとんど皆無でした。
まさかそういうタイプの裸に見慣れていたからでしょうか。


・・・なんとも汚らわしいハヤテ。

そして私の脳内。


ハヤテの回想によると、小さい時からSMプレイに勤しんでいた模様。
それを聞いたヒナギクは
「その悪の女王みたいな女のせいでこんなにゆがんだのか・・・」

悪の女王・・・まさかマリry・・・なんでもありません。



最後は、ハヤテの帰りを待ち望むナギ。
何も知らず、健気でちょっと可哀想です。

それにしても、今回はナギのことを全く気にしてなかったハヤテ。
まさか甲斐性を手に入れるための金が目的・・・?
許せません。


やっぱりマリアさんが一番です。
(FC2ブログランキング)



☆TBさせていただいたブログさま
またまた大変遅くなりましたがコメントを。

・カムニルの倉庫
マリアさんに親近感が湧くのは何故でしょうか。不思議です。
まさにコペルニクス的回転でした。
今までのハヤテのセリフが覆りますね。

・ライク・アライブ
ハヤテに負けた気・・・私も感じましたが、気のせいですよね。
そんなことあるわけないですものね・・・(涙

・あるSS作者の「立ち話で何だ?」
咲夜にだけ、はてなのリンク機能が付いているのに咲夜の力を
感じました。と思ってリンク先を見たら絶望しました。

・☆yasiのひとりごと
やっぱりハヤテにとっては、遠くの完璧生徒会長より、近くの普通少女
なのですかね・・・。マリアさんが恋してかわいくなるのは
大歓迎ですが、それで☆yasiさんがトキメキッシュして、
力果ててしまうことを考えると複雑です・・・。

・360度の方針転換
そうですよね、あの状況だったら私も舐めまくりまry
もしかして、アーたんは来期の生徒会長を巡ってヒナをバトル・・・
なんてことはないですよね。

・ひなたのゆめ
keiさんはいつでも志織さん一筋。さすがです。
歩ちゃんは確かにハヤテが執事に来たときの回の表紙も・・・。
普通という事でそれがいいのかもしれませんけど。

・さくら日記
幼馴染でしかも彼女、を幼稚園にやっていたとしたら凄すぎです。
でも確かハヤテって夜逃げが多くて友達もできにくかった
はずですが・・・。それも嘘?

・ぷらずまだっしゅ!
ぬいぐるみに期待するヒナはほんと可愛いです。
朝風さんのBL(ベーコンレタス)臭には期待大ですね。

・星の海へ行こう!
ヒナギクの特攻服・・・。胸にさらしは巻きやすそうですね(ぉ
もしかして、ハヤテが告白したのではなく、
アーたんから下僕宣告されたとか。

・欲望のままに生きた痕
やはり最後のナギが一番ですよね。
ハヤテがあんな汚い奴だとも知らず・・・(泣。
ハヤテは主人公として期待はずれでした。

・士月のホームページ
やっぱりヒナギクは人に見られてると、可愛さを抑制してしまう
のでしょうね。今回、隠れて弄られているところは凶悪な
かわいさでした。西沢さんがあんなに恐れていたのはアレですか。
無意識に覚えているのかもしれませんね。

・八個目の大罪
薫先生はサンデー読者8割側の人間ですから、クビは無い・・・はず!
泉ちゃんは、いいんちょさんだと判明した時から
急激にかわいさが上昇している気がします。

・tanabeebanatの日記
そのコマのヒナギクはやっぱり多くの人がやられてますね。
ヒナギクの部屋に監視カメラを付けたら可愛いヒナギクが見れそry

Comment

負けるしかない戦いがそこには・・・

「引きこもり」とか「ニート」とかの
新しいイケてる名前の候補が出ましたよ!マリアさん!

その名も「デスニート」 。ナギにはちょっと似合いませんが、
マリアさんならぴったりです

マリアさんは心臓マヒはしません。むしろ、心臓マヒさせます。
その無垢な可愛さで。(挨拶)

さて・・・

サンデー読者の8割が絶望したハヤテの過去。
それがなければ、今回のお話は最高でしたよね?

まったくねぇ・・・少年誌の主人公として、どうかと思いますよ?

負けた・・・ハヤテに根本的なところで負けた・・・。

だってサンデー読者の8割は、
小中高あわせて、異性としゃべった時間が30分に満たない
(昭和81年度・国勢調査)

というデータがでているくらいなんですから!

負け組は、勝ち組に感情移入できるか?というむずかしひ問題。

まあ、ともあれ。

「甲斐性」については・・・まあ、一旧さん的な古い考え方かもしれませんが、
20歳を過ぎるとけっこう言われてしまう気がします。
少なくとも、私はよく言われます(泣

少年時代は、まさに咲夜の「モテ学」理論
1強いタイプ、2頭のいいタイプ、3おもしろいタイプ、
そして別枠?というか必要十分条件として、
顔のいいタイプ、

でカンペキなのですが、
大人になるにつれ、「将来性」とか、「安定性」とか、
さまざまな甲斐性ポイントシステムが追加され、
好感度判定も相当シビアさんになります。


・・・。

絶望した!
大学3年ごろから急速に変わり始めた女子大生の態度の変化に絶望した!

・・・どうでもいいですね。

話題を変えましょう。

>補習の手伝いをするヒナギク

黒板に書いてある文字、英語じゃないですよね?
ドイツ語か何かでしょうか?
やはり白皇は、英語だけじゃなく、ドイツ語、フランス語は必須なのでしょうか。

名門ですね。

選択外国語なのかもしれませんが、ヒナは全部できそうです。

>「いっそクビにしてはどうですか?」

薫先生が悲しむので、できません。

今回の補習も、雪路が全部まかされてたのを、
薫先生が時間が全部合わないのにもかかわらず
雪路のために無理して引き受けて、

(雪路をクビににさせないためだっ!)

でもやっぱり二人分の仕事はこなせず、
ヒナの助けを借りたのでしょう。

薫先生、切ないです。
まったく報われないのに・・・。


ヒナのセリフは正論だけど、
薫先生に対しては、言葉責めです。

まあ、Mっぽい気がするので大丈夫かもしれませんが・・・。

>美希のヒナギクいじめ
> 怒れるヒナギク

>それに対し、朝風さんは顔面蒼白でゾゾ・・・
美希はビクッ、そして瀬川さんは「にゃ?」

うんうん、いい反応ですよね。

瀬川さん(以下、泉)だけじゃなく、美希の反応もいいじゃないですか!

泉たんは 「これから責められる」ことを期待してますが、
美希は 「これまで見事にヒナをいじめて、怒らせるのに成功したわ!」という達成感を感じます。


Mの期待と、Sの達成感・・・みごとです。

でも、やっぱり期待してる泉たんの方がかわいいかな?

そういや、泉たんの反応が・・・ヒナとシンクロしてる!
恋する乙女の表情が!

まさか(以下、思考停止

ともあれ、時々ヒナと反応が絶妙にシンクロしておりますが。

(8p目「ハヤ太君も隅に置けないね~」といいながら汗。ヒナも汗)
(そして12P以降)

泉たんはツンデレに代わるニュータイプとなるのかもしれません。

理沙はまさか、BL好き?
実は月刊ニュータイプとかも読んでる人だったりするんでしょうか。

でもでも、なんだかんだ言って、
西沢さんとハヤテを二人きりにしてあげるとことか、
生徒会三人組のみんなはやさしいです。

あ、ハヤテのためじゃなく、西沢さんのためです。

西沢さん、かわいいなぁ・・・
一人ツッコミリアクション、かわいいです。

で。

アーたんとやらはやはり乱入してくるのでしょうか?

リボンの結び方は、制服マリアさんみたいですね。
アホ毛は、理事長似・・・。

ともあれ、ハヤテのことを覚えているのでしょうか?
覚えてないといいな。
その方が、いろいろ面白いでしょうから。

いや、ハヤテへの嫉妬とか抜きにね?

ていうか・・・。

「前の●女」(←サンデー読者の心を守るための自主規制)って
ハヤテは言ってますけど、
それって、ハヤテが勝手に思ってるだけなんじゃないんでしょうか?

付き合うって、双方の合意と契約?みたいなものがあると思うんですが、
甲斐性のないハヤテをアーたんが自分の彼●とみなした、とは
素直には受け取れません。

だって、ハヤテには女の子と付き合う資格がないんですから。

物事を根底からくつがえす一言があります。

「もともと付き合ってないでしょ」


それにしても・・・。

ナギとマリアさんはかわいいなぁ。


P.S.

キャラろじのハヤテドット絵が、不覚にもかわいかったです。
これなら、DSとかでもゲーム化できそうですね。

今回のハヤテ、びっくりしました。
まさか幼馴染の元カノが出てくるとはw
改めて振り返ってみると、ハヤテが女人慣れしているのも、幼少の頃から女友達が多かったから、とも解釈できますね、ええ。

そう考えると、借金執事であっても、ハヤテって、サンデー読者の8割からはうらやましがられるんじゃないですかね?

ニートと言われようが甲斐性ありまくりのマリアさん

ニコさんこんにちは!
昨日はサンデー感想書いて寝てしまい、
遅くなってすみません。

>「デスニート」
ぴったりですね。なぜでしょうか。
やっぱり「デス」って言葉がry

>負け組は、勝ち組に感情移入できるか?というむずかしひ問題

難しいですね・・・。嫉妬だと分かっていても
むかついてしまうものはむかつきますし。
漫画の原則として、キャラに弱点、苦手なこと等を
作るってのがありますが、サンデー読者の8割にとって
「彼女がいた」というのは最大級の長所であり、
他のどんな短所でも無効化してしまうようなものだと
思います。
ハヤテの今後が気になります。
もし、彼女だと思っていたのが、ハヤテの思い込みだったら
高感度は急上昇するかと思われますが。

>大学3年ごろから急速に変わり始めた女子大生の態度
私が今三年ですが、そろそろ・・・なんでしょうか。

>名門ですね。
あの言語はなんでしょうか。
ヒナが書いたのでしょうか。
第三火星語では無いと思いますが。
ヒナなら当たり前のようにすべて完璧でしょうね。
もちろん努力の賜物として。

>薫先生
そういえば、クビに・・・、と言われても
何も言い返しませんでしたよね、彼。
切ないです。

>シンクロ
もしかして、Mとしての完全受身能力なのでしょうか。
その場に調教者(ヒナ)が現れたので、従っているのかも
しれません。

>理沙はまさか、BL好き?
雰囲気的にもあやしいです。
ナギどっちかというと、ガンダムといい男系の趣味
だと思うので、彼女がBL(ベーコンレタス)方面だとしたら
いろいろやり取りできそうですね。

>ナギとマリアさんはかわいいなぁ。
ほんとかわいいですね。

>DSとかでもゲーム化
なるとしたら一体どんなゲームになるんでしょうか。
ハヤテが主人公のアクション?RPG?
やっぱりギャルgry
そうだとしたら、姫神とやらを使って、
ハヤテと取り合いをしてみたいです。


ではコメントありがとうございました!

こんにちは!にんクン。さん。

>今回のハヤテ、びっくりしました。
本当に驚きました。
まさかサンデーの主人公が・・・とは。
確かに最初のナギに対する態度といい、
全然女の子と話したことがなかったとは
思えませんでした。

>サンデー読者の8割からはうらやましがられるんじゃないですかね

それはもう、恨み妬み嫉みry
どうなることやら。

コメントありがとうございました!
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そう…そのまま飲み込んで、僕のエクスカリバー…

会社の先輩にフィリピンパブへ連行されました。そこで、フィリピン人の女の子に「フィリピンのアイドルに似ている」とか言われましたが、ちっともうれしくありません。こんにちは、橙馬そうまです。私は日本人にしか興味はないのですよ。。はい、前置きはどうでも良い....

[ハヤテのごとく!][寸評と感想]アーたんに関する考察

アーたんはそれぞれのキャラのいいとこ取りをした印象がありますが、そのためどのキャラとも少しずつ違い、まったく同じキャラになることはないでしょう。マリアさんとサキさん、サキさんとシスターソニア、ナギとヒナギク。それぞれ微妙に違いますよね? 確かに最強のキャ

ハヤテのごとく!第88話:9割方デリカシーのない発言じゃないのかな?かな? (サンデー33号)

最近は何かと普通じゃない女の子が人気ですが、普通の女の子って結構いいですよね~。(そういえばマリアさんは常識人です。)特に歩ちゃんは素直で健気でかわいいですよ。今回のハヤテのごとく!はそんな普通の女の子、歩ちゃんが大活躍です。というわけで、ハヤ....

ハヤテのごとく!第88話「SUCCCE…」

ハヤテのごとく!感想です。なぜか今回は写真が多めに…↓からどうぞ

ハヤテのごとく!88話 畑健二郎

 扉絵は西沢歩。スイカの形をした巨大なヒマワリの種とは珍しい。彼女の食べてるものはどんな形をしていても全てヒマワリの種とみなす。それが西沢クオリティ。 マウンテンバイクといい、歩にはどんどんアウトドア派の面が見えてきている。インドア派最右翼(引きこもり..

ハヤテのごとく!第88話「SUCCESSFUL MISSION」の感想

衝撃的な事実が明らかになった第88話の感想です。

ハヤテのごとく! 第88話

 第88話「SUCCESSFUL MISSION」それは失敗できない任務。 まあ負けられない戦いに、負けることもあるわけです。 サブタイトルの元ネタはセイバーマリオネットJのOP「SUCCESSFUL MISSION」でしょう。歌姫は畑先生

はやてのごとく!第88話感想

『貧乏姉妹物語 1 初回限定盤』 高村和宏 和泉鶴 / 発売日:2006-09-27だんだん、ハヤテのごとくも100話が近づいてきました。ナギの漫画が現実味を帯びてきて正直ドキドキです。

コペルニクス的転回:不幸な少年が嫌味な少年に

少し前「ハヤテのごとく!」ではバレンタインが行われていましたサンデー読者の8割が年齢=彼女いない歴の公式で成り立っているので、現実には全くリンクしませんが、ヒナのせつなさや一部お笑いパートで人気のある話です当時、ハヤテはマリアさんに恋愛相談を持ちかけ...

第88話 「SUCCESSFUL MISSION」

それは失敗できない任務。まぁ負けられない戦いに、負ける事もあるわけです。これはW杯の日本のことですかね思い出したくもない・・・

ハヤテのごとく!第88話「SUCCESSFUL MISSION」感想

前回、二人の衝撃的な出会いの再現をしたハヤテと西沢さん。泉さん達と合流してヒナギクさんへのプレゼント選び再開です。今回はヒナギクさんが全般的にかわいかった気がします~。それでは感想です。

[ハヤテのごとく!] 第88話 どう感想をかけばよいのやら

感想第一部です。 なにも見ずに本編だけの感想です。 先週と併せて前後半とのことでしたが、見事につながっています。自転車の話はギャグにしてスルーかと思ったんですがそれで1ページ使用。しかし、ヒナギクさんの誕生日プレゼントは決まらず。もしかしてこれは中編で来
日めくりカレンダー
絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

最近の記事
全タイトルを表示
ついった
カテゴリー
最近のコメント
リンク
Amazon
プロフィール

ろっく

Author:ろっく
漫画とアニメと栄養が好き。
PHP、Python、jQuery使ってるWEBプログラマ。
ついったー

RSSフィード
検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
2290位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。