スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく!第85話感想

Category : ハヤテのごとく!
人生で必要な事はすべて釣りから学んだ。
第65話「昔、魚は釣りバカ大将みたいに
釣るのが普通だと思っていました。」
感想?


今回は畑先生が、ハヤテがやってくれました・・・。
前半は飛ばし気味で。


まずは、試験前で早く帰って退屈するナギ。
ハヤテが某ハルヒのS○S団を作ったらと提案しますが却下。

もし作ったらお金はあるし、超人的なハヤテはいるし、
伊澄はいるし、しゃべるネコはいるし、
何より黒魔道士マリアさんがいるので、何か活動をすれば、
退屈は絶対しなさそうですけど。


その後、ナギは釣り漫画を読んで、影響され
釣りをするべく屋敷内の湖へ。
釣り大スキ一・二平という漫画の元ネタは釣りキチ三平ですね。

7/3追記
コメントでのニコさんのご指摘で、さらに元ネタがあるのに
気づきました。
畑先生の師匠、久米田先生のかってに改蔵第4巻
第6話「ひなまつりに行こう!?」
hinama1.jpg

に、

hinama2.jpg


「釣り大スキ産平」という文字が!
しかも、ハヤテの時間内で近い、ヒナ祭りの回ですよ。
偶然とは思えません。
/////////////////追記ここまで

湖はその名も三千院湖。
ナギも初めて見たようです。

湖まであるんですね。奥には山々も・・・。
木が生えてないので、もしかしてかなり高いのでしょうか。

しかもマリアさんは、その湖で釣りをして魚料理を作っているそう。
お金はいくらでもあるから買えば良いのに、
わざわざ自分で釣るなんて・・・・
どれだけ暇なのでsry・・・凄い倹約家ですね。
いいお嫁さんになれますね。もし近づく男がいれbry

その事を話しているときの背景は彼女のシンボルカラーである暗黒
黒魔法の黒、腹黒の黒、黒幕の黒。
ベタで済むので畑先生も大助かりですね!
笑みも何だか裏がありそうで素敵です。



湖に着いたら、フライフィッシングをやろうとするナギ。
フライって、太くて柔らかい、主に蛍光色の特殊な糸で
飛ばすんですよね。見てるとかなり難しそうです。
毛針事態も奥が深そうです。

そんな中マリアさんは、最長年者らしく
「釣りは・・・ヘラに始まりヘラに終わる!!
と歳相応の渋いセリフ。

ヘラ竿って量販品ですら高いのがありますから
マリアさんが使ってるのは一体いくらぐらいの物なんでしょうか。
日本刀で言うと妖刀と呼ばれるぐらいの、歴史と魔力がありそうです。
もちろんマリアさん自身にもあるのは言うまでも無く。
それか自作かも・・・。


で、釣りを始めますが、竿を投げてしまうナギ。
ハヤテがしっかり教えてあげればいいのに。
でもサオが無くなっても経済的問題を全く感じさせないのは
さすが三千院。




その後、ナギを置いて釣りまくるハヤテとマリアさんですが、
釣れないナギは飽きてしまいます。

そしてハヤテがボートでの釣りを提案。
この時から計画は始まっていたかと思うと恐ろしいです。
それを聞いたナギは、照れてますね。
かわいいです。
ボートで2人きり→デート、という想像でしょうか。

以前の一樹とのことを思い出していないことを願います。

ボートの上では、ナギの腕を抱き、チャンスを伺うハヤテ。
無いものが狙われているとは知らずに、大胆だなと照れるナギ。

ハヤテは
「しかしお嬢さまちっこいな~子猫抱いているみたいだ・・・」
そんな女の子にあんなことするなんて・・・・・・ロリすぎです。

そして、ハヤテが待ちに待ったチャンスが到来。
巨大なヌシがナギの竿にかかります。

ヌシに引っ張られるナギを抑えると見せかけて、
胸を・・・・・するハヤテ。
目を閉じて指先に神経を集中させています。

しかも、ナギが着ているパーカーの下に手を入れ、
出来るだけ生の感触に近づこうとしています。
流石ハヤテです。

普通、人を抑えようとしたら、羽交い絞めか
細くなってる腰に腕を回して、しっかり抱きしめるようにする
と思いますが、そこも流石ハヤテです。


「うあハヤテ!!ちょ――おま――!!どこつかんで――!!!」
「お嬢さまサオを放して!!」
「放すのはお前だバカ―――――!!!」

「つかむ」という言葉が適切なのかどうかは置いといて、
今までセクハラはほとんどコマ外でやっていたハヤテが、
ついに堂々とやりました。

しかもその後ナギは
んあっ!!
バッバカ!!そ!!そんなに強くしたら・・・!!」


一体どうなるんでしょうか。
書けません。
顔を真っ赤にして感じちゃってるナギ・・・・・。
堪りません

しかもこのコマになって、ハヤテのセクハラ行為がいつもの通り
コマ外で行われています。

ナギのこの感じ方の激しさから言って
コマの下でハヤテは、シャツの中に手を入れて、直接揉みしだry
としか私には妄想できません。
堪りません


その後糸が切れて、プレイは終了。

息切れするナギですが、ハヤテはしれっと
「でも無理しちゃだめですよ。
お嬢さまはちっちゃいんだから・・・」


まさか、ハヤテは、ナギのがちっちゃいから、
こんなことをして大きくしようとしたのでしょうか・・・。

大きくなったらヒナギクがピンチです。


最後はマリアさんが大物を釣り上げてて終了。

黒いサングラスって・・・。
これはギャグでやったつもりなのに。
しかも、コーヒーらしきものを飲んで、「ふーっ」って・・・。
これはもう、17歳うんぬんではなく、おっさnry

更に釣り方も秘密。
正直、怖いのであまり知りたくないです。
魔術にしろ、兵器にしろ。

そんなマリアさんの黒っぷりが更に増したお話でした。



ヒナギクが同じ様にやられている所を妄想してごめんなさい。
(FC2ブログランキング)




P.S.
今回は、感じるナギといい、サオという言葉といい、
内容が内容だけに、全力で抑えて書きました。
妄想の80%減ぐらいに。
体力的にも学校で疲れていて逆に良かったです。



TBさせて頂いたブログさま
お返し遅くなってごめんなさい。

・360度の方針転換
ナギのレオタード・・・。無いのがさらに強調されていいですね!
ハートブレイクは失恋じゃなくて、胸の処女が壊さry

・☆yasiのひとりごと
そう、くっつかれてドキドキぐらいが、ちょうど良いですよね。
清純な恋する女の子というか。ハヤテは揉みやりすぎです。

・カムニルの倉庫
鯉の妖怪・・・。そういえばあれ以降見てませんね。
カムニルさんの記事がマリアさん一色なのも、
マリアさんの「何か」のせいでしょうね。

・ぷらずまだっしゅ!
ナギはちっこいのがいいですよね、身長が。
「平良」の変換は知りませんでした。そんな意味があったとは。

・星の海へ行こう!
反ハヤテ連盟みたいなものは私の脳内でも結成されていますよ。
是非一緒に嫉妬活動しましょう!

・tanabeebanatの日記
ハヤテがアニメ化となったらやっぱり読者層的に深夜ですよね。
私はそうじゃないと困ります。
咲夜がナギのようにやられたら手ごたえry。

・さくら日記
たしかにあの感じ方は・・・。
いや漫画で勉強していたのですよ、きっと。そして1人でry

・悪のめいどブログ
わざとなのは、言うまでもないですよね。
不自然すぎるというか、揉もうとしていたと取ると
自然すぎるというか。

・欲望のままに生きた痕
ハヤテには、ナギのおへそだけでもいいから、
おすそ分けして頂きたいです。

・あるSS作者の「立ち話で何だ?」
「一寸の胸にも五分の愛撫」素晴らしいことわざですね!
そうなんですか、安心しました。

・ガチ勝負
強くしたら、そりゃあナギとハヤテのある所が立ry

・しばいてぃてぃ ライトノベル 感想・人気投票
ハヤテのごとく!は勘違いと、羞恥心があるのがいいですね。

・ひとことくらいの日記
マリアさんは大きいですよね。釣った魚が。

・ライク・アライブ
私もナギを支えたいです、胸ry
17歳に見えないのは例外なんでしょうか・・・。

・士月のホームページ
サキさんは可能な事が少ない代わりに、人気と扱いの良さが
良いですね。誰かと違って。

・ハヤテのごとく - トラックバック・ピープル

Comment

ヒナ祭り前のひなま釣り

釣り大好き一・二平ネタですから!(挨拶)

(そういや・・・少し前、クラスの女の子に、「釣りキチ三平」ネタを振ったら、まったく通じなくて、
なんだか越えられない壁を感じてしまいました。)

ひなま釣り・・・
畑先生ががんばってカラーを4ページも塗っているのは、
ヒナ祭りのためなんでしょうか?

ともあれ、おっきなメインヒロインと
ちっちゃなメインヒロインの驚異的な戦力をあらためて思い知らされた今回のお話でした。

>マリアさんは、最長年者らしく
「釣りは・・・ヘラに始まりヘラに終わる!!」
と歳相応の渋いセリフ。

渋いですね。
昔、私がルアーでバス釣りをしていた時、
いつも「釣りは・・・ヘラに始まりヘラに終わる!!」
と同じセリフで説教してくるヘラブナおじさんがいました。

中年で、昼間っから酒飲んでて、
明らかに女房・子供に逃げられましたor永遠の独身、
っていう感じの、
ダメそうなおじさんでしたが・・・。

そんなおじさんの姿と、マリアさんの姿が一瞬重なってしまいました。

ごめんなさい。殺さないd(ry

>ハヤテのセクハラ行為
>感じるナギ

とてつもない破壊力でした。

>ハヤテが待ちに待ったチャンスが到来。
巨大なヌシがナギの竿にかかります。

>ヌシに引っ張られるナギを抑えると見せかけて、
胸を・・・・・するハヤテ。
目を閉じて指先に神経を集中させています。

>流石ハヤテです。

流石ハヤテです。
ハヤテの反射神経なら、ナギからサオを奪うくらいできたはずなのに、あんなことするなんて・・・。
流石ハヤテです。

ハヤテ・・・お前は一人でサオを握ってろ!!

ナギお嬢さまに、大きく反ったサオをぎゅっと握らせるとは何事だ!



>ナギのこの感じ方の激しさ

ボートがあんなに揺れてましたからね。
ナギが濡れてしまったのではないかと心配でなりません。

水で。


一方、ピチピチなマリアさんは、ピチピチなひなまを釣って、
いや、吊っていました。
マリアさんもさすがです。


P.S.

セクハラでヒロインを感じさせてくれるので、
まあ、ハヤテは必要なのですが(他の男性キャラには任せられません)、
でも最近うらやましすぎるので、複雑な気分です。

飛行石よ・・・もっとがんばれ!ファイト!


P.S.2 (7/2追記)

「弘法は筆を選ばず」という言葉があるように、
一流の執事ハヤテは 女の子が誰であれ、最高の状態(えくすたしぃ)へと
導くものです。

うらやましい!

・・・でも、「筆を選ばず」っていうと、総受けっぽいですね・・・
とか思った私は、パ○ラッシュに殺されるべきだと思います。


釣りネタが何たるかを、ブログとニコさんの書き込みでようやく理解できた俺が来ましたよ。
うう・・・、トシとったはずなのに、世界にはまだまだ知らないことがたくさんあるよ、パトラッ○ュ…。

それよか、マリアさんがどうやって大きな魚をクレーンで釣り上げたのかが謎デス。
飛び級するぐらいの才女だから、これぐらいお茶の子さいさいなんですかねぇ。

ヒナま!釣り

こんにちは!ニコさん。

遅くなってすみません!
昨日はコメントを見てひなま釣りの回を見直したら
そのまま他の話も読み始め、帰らぬ人となってしまいました・・・。

>畑先生ががんばってカラーを4ページも塗っているのは

漫画内の時期的にもぴったりですし、きっとそうですよね。
もう一人のちっこいヒロインですから、それくらいの扱いでも
当然です。

>おっきなメインヒロインと
ちっちゃなメインヒロイン

マリアさんって大きいんでしょうかね。
お風呂のシーンではよく見えませんでしたが。
あれ、身長の話ですか?
そうですか、なんでもありません。

>ナギからサオを奪うくらいできたはずなのに
私の妄想によると、ナギの手をサオでひっぱらせる
ことにより、手が前に行って、より行為が行いやすくなるので
そのままにしていたんだと思いました。
あのタイプのリールだと台座みたいな所が指の間に入り、抜けにくくなっているのもあまりにも好都合です。

>ナギが濡れてしまったのではないかと
そりゃあ、濡れたでしょうね。
特に下のほうが。

ボートの底に水が溜まっただろうので。


>一流の執事ハヤテは
あれも執事だからこそ許されるんですね・・・。
ほんとうらやましいです・・・。

ハヤテはいつか畑先生が受身なキャラと言ってましたが、
今回やマリアさんのスカートめくりなどを見る限り
違うような気がします。

ではコメントありがとうございました!


こんにちは!にんクン。さん。

>釣りネタが何たるかを
私も気づきませんでした。
改蔵を知っているにそこまで繋げられないとは
自分の力不足を感じました。
とにかく、さすがニコさんという感じです。

>大きな魚をクレーン
あれはきっと魔道でry
それかSPが陰でry
とにかく、さすがマリアさんという感じです。


ではコメントありがとうございました!
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ハヤテのごとく!][寸評と感想]第85話 昔、魚は釣りバカ大将みたいに釣るのが普通だと思ってました

タイトルにある釣りバカ大将とは、80年代前半にコロコロコミックで連載していた作品で、「ゲームセンターあらし」「とどろけ!一番」と並んで、当時のコロコロコミックの代表作でした。 主人公の釣大将、強敵と書いて「とも」と呼ぶライバル流竿次郎。この二人は覚えてい

ハヤテのごとく!第85話「昔、魚は釣りバカ大将みたいに釣るのが普通だと思ってました」の感想

メインヒロインの二人の扱いが対照的だった第85話の感想です。(もしもマリアさんがナギの立場だったらきっとすごい事に・・・)

ハヤテのごとく! 第85話 - 執事はセクハラ上手

この一言で釣りが始まりました。子供のときこういう奴いたなー と思いましたが、俺...

今週の執事@ハヤテのごとく#85

ピシッパシッスポッ・・・な85話はマリアさんが一杯久々に大活躍です、マリアー今週のお気に入りの一言「ヒミツです(はぁと)」byマリアどうやって釣ったのか・・・そりゃダークなオーラで・・・こー、ぐばーっっと(笑)マリアは食材のことを考えて魚を釣り分ける能力

ハヤテのごとく!第85話:色々対称的なメインヒロインズ (サンデー30号)

さてと。畑先生やりすぎですよ?いやね、なんというか、もうね。ナギが子供でハヤテも子供だからOKとか思ってませんか?それともナギがない(ryからOKとか思って(ryもしナギがマリアさんだったら、宇宙物理学上有り得ない出来事ですよ?いや別にマリアさん....

ハヤテのごとく!85話 畑健二郎

 むしろ人生に必要なことは全て漫画から学んだ……社会の海を泳ぎきれそうにないな。 そんなナギは釣り漫画に感化されて釣りに挑戦することに――釣りキチ三平の別の面に感化されなくてよかった。一巻だけ読んだことがあるけれど、とっても森蘭丸です。 でも、読ん....

ハヤテのごとく!第85話「昔、魚は釣りバカ大将みた…」

ハヤテのごとく!感想です。↓からどうぞ

ハヤテのごとく! 第85話 昔、魚は釣りバカ大将みたいに釣るのが...

【名】ハヤテのごとく! 第85話「昔、魚は釣りバカ大将みたいに釣るのが普通だと思ってました」【籍】週刊少年サンデー【著】畑健二郎相変わらず、突拍子もないタイトルなんですが、まさに題名のとおりのネタ。なんだかんだといって、こういったネタで85話...

ハヤテのごとく!第85話「昔、魚は釣りバカ大将みたいに釣るのが普通だと思ってました」感想

 今回は久々にナギがメインのお話。最近の流れから、またハヤテがおいしい思いをするのではないかと予測していたら、案の上その通りに…。なんか悔しいですけど感想です。

[ハヤテのごとく!] 第85話 おれはこの話好きだ!

サブタイトル長すぎます。そのせいもあって(嘘)自分の日記のサブタイトルが決まりません。書き終わる頃には決まっているといいなぁ。。 今回は他のサイトの皆様や、2chでの感想がとっても楽しみです。そういや昨日公開串規制で書けなかった。今日は攻撃受けたらしいし、

ヘラに始まりヘラに終わる…ナギの胸もヘラですよ。

やっぱりハヤテは一話完結屋敷編が一番面白いなぁ。ハヤテ・ナギ・マリアさんの3人がやはり基本なのです。そんな今週の「ハヤテのごとく!」は釣りの話。久々のナギ話を堪能させていただきました。あとはマリアさんが

サンデー“ハヤテのごとく!”の感想

ナギは暇だといいマンガを読む、魚釣りのマンガ・・・  ナギは暇人『暇ならSO○団でも作ればいいじゃないですか。』のひとことwハルヒですねSOS団w 畑先生ついにwハルヒネタできたナギは暇になるとマンガを読む

湖を凍らせてガーンってやる、あれやりたい

最近は結構忙しくなってきました。更新が遅れてすみませんトリック、デスノも見たので結構書けることはあるのですが………眠いのはご愛嬌。。それでは、ハヤテレビューひぃあうぃごー!!!-----------------------------前回までのあらすじ(簡略版)シスターはワタルの....

ハヤテのごとく! 第85話

 人生で必要な事はすべて釣りから学んだ。 第85話「昔、魚は釣りバカ大将みたいに釣るのが普通だと思ってました」 タイトルや表紙からも判るように釣りの話でした。なおサブタイトルの元ネタは以前にベストセラ

暗黒の水曜日

「釣れた魚で夕飯のメニューも楽々決められる…とても便利な湖です。」マリアさんの暗黒の世界は湖の底にまで勢力を広げているようです彼女に対する世間の目は厳しいものがありますどこで道を間違えたのか、設定上はメインヒロインだというのに出番が少ない彼女はい....
日めくりカレンダー
絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

最近の記事
全タイトルを表示
ついった
カテゴリー
最近のコメント
リンク
Amazon
プロフィール

ろっく

Author:ろっく
漫画とアニメと栄養が好き。
PHP、Python、jQuery使ってるWEBプログラマ。
ついったー

RSSフィード
検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
873位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。