スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「かってに改蔵」単行本25巻第9話『小金の錬金術師』感想

Category : その他感想
かってに改蔵 25 (25)
かってに改蔵 25 (25)久米田 康治


おすすめ平均 star
star終わってたまるか!!
star面白いけど、消える前の蝋燭のような勢いが…
star改蔵の父、見参!!
starちょ…ちょっとまって!!??

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



一部で話題になっている荒川弘先生鋼の錬金術師)と
久米田康治先生かってに改蔵さよなら絶望先生等)の対談。
(雑誌「創 (つくる) 2006年 06月号」掲載)

私はまだ実際には見ていないのですが、
雨天結構。掲示板や、
黒い天使のブログ様の記事ぷらずまだっしゅ!様経由)等を見て、
対談の中で2人がかってに改蔵「小金の錬金術師」について
語っているとのことで、改めて読み直し内容と感想を
書いてみることにしました。

なんだかここまでリンクばっかり。


まず感想を書く前に参考になるサイト様を紹介。

「コナン」をマジメに読むと脳が疲れる私によるサンデー50/51号感想(C-WWW様)
久米田先生の弟子の作品「ハヤテのごとく!」に対する批評の中で
「小金の錬金術師」を引き合いに出して使われております。

・第275話 小金の錬金術師元ネタ解析(ゆとりWEB様・旧とらうま町)
かってに改蔵全話の元ネタ解析を行い、
現在もさよなら絶望先生の元ネタ解析を行っているサイト様です。



普段、私がハヤテや絶望先生の感想を書くときは
内容的に読んだ人、本を持ってる人にしか分からないので
スキャン画像は使わないんですが、
今回は改蔵の紹介も含め、読んだことがない人にも
分かりやすいよう使用してみたいと思います。
慣れないことなので駄目っぽいですが・・・。


「かってに改蔵」単行本25巻第9話
『小金の錬金術師』
感想
kogane01.jpg

まずは扉絵の改蔵。
さわやかな好青年といった感じです。
そういえば、この漫画の主人公である勝改蔵は
サンデー読者の8割が憧れると共に恨み、嫉み、妬む対象であり、
そして死にたくなるほどの劣等感を抱く原因となる
「モテる男」の一人でした。
現在の糸色望先生も同じく「モテ男」ですね。

そして今回のお話は、そんな改蔵の
「なんだよ3倍返しって・・・」という言葉から始まります。
自分の身に迫る問題だからか、そんな3倍返しの風潮に
「世の中の摂理から言って等価交換が基本でしょ。」
と批判的なご様子。

まあ3倍だろうが、1万倍だろうが、0何倍しても変化は無いので、
私を含めサンデー読者の8割にはどうでもいい話だったかもしれません。

そんな等価交換を主張する改蔵を見て、部長(彩園すず)と羽美が
「はやってるね錬金術」
「小学館漫画賞もとったしね」

と言うように、
当時は鋼の錬金術師が小学館漫画賞(第49回)を受賞した後で、
かなり流行っている(今も続いていますが)時だったので、
改蔵もそれに影響されたようです。

改蔵は、三倍返しが自然の摂理に反する例として
「逆に義理チョコ渡しただけなのに、
指輪とか返されたらひくでしょう!?」

を挙げます。たしかにその通りです。
きっとサンデー読者の8割に含まれる人が、
何かの間違いで義理チョコでも貰ってしまうと、
そんな過ちを犯してしまうのでしょうね。
貰っても貰わなくても不幸です。

また改蔵が言う正しい等価交換の例としては以下等。

・借金←―――→肝臓
ハヤテももう少しで、借金と肝臓はおろか命を交換する所でした。
でも現在は、借金←――→たくさんの女の子となっています。
明らかに自然の摂理に反していると思います。

・兄の死←―――→南ちゃん
言わずもがな、あだち充先生の「タッチ」から。
これも兄の死は邪魔な奴が死んだっていう良い事とも考えられるので、
等価交換か怪しいです(ぉ

芥川賞←―――→アイコラ&ストーカー被害
蹴りたい背中で受賞した綿矢りささん。
顔が良かったからか・・・今となっては懐かしいですが
ネットは大騒ぎでした。


それにしても、ホワイトデー→三倍返し→等価交換→錬金術→
鋼の錬金術師という話題の持って行き方は
非常に巧みだと思います。身近なとこから本題へ、と。
羽美から「ムリヤリもってきたね」とツッコミが入るものの・・・。




そんな錬金術ブームですが部長は、改蔵が指摘するに
kogane02.jpg
リアル錬金術師でした。

リップルウッドほどはもうかってないよ。」
と謙遜のご様子ですが、
うらやましがる改蔵に
「パラケルスズととでも呼んで下さい」
と珍しくギャグ(?)を言ってます。
"パラケルス"とは偉大な錬金術師のことだそうです(ゆとりWEB様)。


そして部長のような人はいいとしても、
「今の世の中、ダメ錬金術師がはびこっているのです!!」
と言う改蔵。


まずは、坪内地丹。
母親に「パン買うから、500円くれよ!!」と言っておきながら
家でおにぎりを作って持って行き、500円は貯めこむという
ダメ錬金術師っぷり。

みんなよくやったと思いますが、高校生ではさすがに・・・、
いや、私も昼飯をケチって漫画を買うぐらいの事はやったか・・・。


そんな地丹は羽美に「セコッ」と言われ
腹いせに、羽美のダメ錬金術を暴露します。

その内容とは、
「福袋を買ってきて、バラにして一個ずつネットオークションで売る!!」

これはたくさんいるそうですね。
有名デパートの福袋の行列の中にも、そういった錬金術師達が
多いそうですし。


そんな羽美を見て、改蔵は
「ネットオークションって、ダメ錬金術師多いよな」と実感。
その後、誰が乗り移ったか
「好きでもない同人誌を、転売目的のために買うのは
やめていただきたい」

と切実に訴えます。

これには激しく同意です。
コミケなどでの行列の多くは彼らなんでしょうね。
そんな裏事情を知ってしまうと、せっかくの面白い同人誌も
お金に汚れてしまってるように感じます。
作品自体ではなく、お金を求めているなんて・・・。
そんなきれいごと。


他に身近な学校内にもダメ錬金術師たちがいます。

拾ったジャンプで読み賃をとる奴。
親に文房具代貰って、100均で揃える奴。
クラスの女子を隠し撮りして売る写真部の奴。

でも彼らはセコイのでまだいいらしい。
なので「もっと本格的なのを見せましょうか!?」
と提案し、舞台はしがらみ町役場へ。

そこには黒く塗りつぶされた資料の数々

役所のカラ出張!!

北海道警ウラ金作り!!

秘書給与の架空請求!

政府の機密費流用!


どれも本格的な、まさにダメ錬金術。

そして国家公務員でもある彼らは、そう!!
kogane05.jpg
国家錬金術師です

役所からの下りはこれがやりたかったんですね。
"国家錬金術師"はご存知の通り、鋼の錬金術師に出てくる資格ですね。



そういった国家錬金術師だけでなく、国民も国民でダメ錬金術師。
ちょっと働き失業保険、ちょっと働き失業保険を繰り返すなど
「めいっぱいあさましいほど国の制度を利用して、
働けるのにいかに働かずに金を得るかを模索する!!」

そんな国民。

その結果、
「損をするのはまじめに税金を納めてる労働者ばかり!!」
そんな理不尽な世の中に改蔵は
kogane06.jpg
というより久米田先生はご立腹のご様子。

失業保険を使うなど国民のダメ錬金術の内容は、
ちょっと古いですがこの本で読みました。
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
橘 玲
4344002628

先生が腹立つのも無理ないです。
福祉も行き過ぎると働く気、やる気を奪ってしまうのです。


他にも公私入り乱れてはびこるダメ錬金術の数々。

・1万円の商品券を9700円で買い、50円のケシゴムを
買ってお釣りを貰う。

一回250円の儲けになりますが、時間と羞恥心を考えると・・・。

・頼まれた買い物で、自分にヨドバシカメラのポイントをためる。
他に出張でマイルも。これはまあいいんじゃないかな?
セコイ額だし(ぉ

・何でもかんでも商標登録して使用権をせしめる
これは今見るとのまネコ問題の予言のようです。




次に部長が
「お金や金を作り出すのばかりが錬金術師じゃないのよ」
「地球上にある物質を分解し構築して、別のものに作りかえるのもそう。」

との事で話題は練成に。

早速、改蔵は練成を行っている錬金術師を発見。

「見せてみろオマエが分解し、練成した物を!!」
そう言って半ば強引に錬金術師から奪ったのは
kogane07.jpg
アイコラでしたw
確かに分解し再構築し「作り上げたエロキメラ!!」ですねw




再構築はアイコラだけでなく、漫画、ゲーム、音楽にも。
改蔵の説明によると
「いろんなところからちょっとずつアイディアを拝借し、
最駆逐して『はい、新作ですよ』としれっと出す!!」
「おいしいところ取りの錬金術!!」

そして部長からは「それけっこうお金をも生み出すのよね」
との指摘。

その頃、どこかで見たことがあるような漫画家とアシスタントは
kogane09.jpg
ほんとうに面白いヒット作を集めて練成中。




期待を膨らませつつ、いよいよ完成しますが
kogane08.jpg
どれもすでにあり、売れている作品ばかり・・・。
意味深です。

一番上のは改蔵でお馴染み、現在もマガジンで連載しているアレですね。
「ネ」から始まり、「ま」で終わり、真ん中は「ギ」のアレ(ぉ

他の答えも知りたい方は元ネタ解析(ゆとりWEB様)をご覧ください。


ヒット作の練成に失敗した久米田先生漫画家は
「こうなったら身近な素材で、練成してやる!」
と投げやり気味にサンデー作品を練成します。
kogane10.jpg
その結果、某名探偵になった地丹が殺人事件の現場に向かうと
そこには、某犬妖怪になっても変わらず虐殺を繰り返す羽美や
某パン漫画の主人公になって大好きな焼きそばパンを作る山田さん。

そして右手が恋人的作品を表しているであろう部長に
kogane11.jpg

前田君の後ろには某からくりの某藤田先生の影。



そんなダメな結果に
「素材はいいものばかりなのに、練成したら台無しだ!!」
と漫画家は絶望し、
背後から来た羽美らしき人に
kogane12.jpg
「滅ぶべし。」とこの後頭を握り潰されてしまいます。
(スキャン画像は自主規制)

その人は
「あるべき姿のものを作りかえるなど神への冒瀆・・・」
といい残し去っていきます。
一連の漫画家の話は久米田先生の自分自身への戒め?
だったのでしょうか。


漫金術師にはただ真似をしただけのパクりがタブーのようですが
部長曰く
「でも錬金術にとっての最大のタブーは、生命の創造」

生命の創造、それはつまりホムンクルス。
製法に関しては元ネタ解析(ゆとりWEB様)を。

私が持ってるゲーテのファウストには、
材料に関して詳しく載ってないので、
改蔵の言う少年誌では言えない材料は別の出典のよう。

それを聞いた地丹は、その材料と馬糞で自分のホムンクルスを製造。
kogane13.jpg
そんな2人?を見て改蔵と部長は
「地丹も馬ふんでできてるって事か」
「まあ、等価交換といえばそうだしね。」
程度の低い地丹だからこそホムンクルスが出来たってことですかね。


最後は
「もらえるのかな?もらえるのかな?」
と年金の心配をする山田さん。
kogane14.jpg
年金術師(夢想年金)
もう一つの錬金ですねw
語感といい、意味といい上手いです。


ほんと最後の最後までネタの濃度が高いお話でした。




P.S.
長すぎ。
他にもいろいろ気になるところがありますがとりあえず。
雑誌創は明日買えたらいいな。

Comment

非公開コメント

日めくりカレンダー
絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

最近の記事
全タイトルを表示
ついった
カテゴリー
最近のコメント
リンク
Amazon
プロフィール

Author:ろっく
漫画とアニメと栄養が好き。
PHP、Python、jQuery使ってるWEBプログラマ。
ついったー

RSSフィード
検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1955位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。