スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ」&第50話「星に願いを」 感想

Category : 交響詩篇エウレカセブン
いよいよ最終回1時間スペシャル!
今は見た直後で作品が良いか悪いかの判断を冷静にすることは
できませんが、好きか嫌いかで言えばはっきりと好きと言えます。
1年間私を楽しませてくれた貴重な作品でした。

なので、もちろん今日は早起きして生で見た
・・・はずだったんですが、寝過ごして録画で見るはめに。
ほんとあーあ・・・。


で、お話の方は、目覚めた絶望病患者達のもとへ降って来る
隕石のようなデブリというもの。

まずは、飛行機に乗っていた絶望病少女とその親たちの元へ。
ノヴァク家の研究施設へも、ウィルとマーサの所へも・・・。
まるで絶望病患者が求めて吸い付けるように。

ジェシカという女の子の言った
「もうバスが来ちゃうの」
「今までありがとう。でも、これからはずっと一緒だよ」

ということからすると、殺すため、というわけでなく
司令クラスターを破壊されたコーラリアンが、
人々を"融合"するためにやっているように思えました。



月光号はデューイの旗艦ギンガを追うため大穴へ。
そしてユルゲンスは彼の艦「スーパーイズモ」を
そのための盾にすると言います。

「安心しろ、このスーパーイズモ艦の火力は月光号の5倍だ」

3倍どころじゃなかった赤いイズモ艦。

そして、
ドミニクとアネモネのことを頼む。あの2人は我々の仲間だ(敬礼)。
その仲間のために未来を切り開いてやるのもいいじゃないか。」 


かっこいいです!ユルゲンス艦長
(そのあと全然ピンチはありませんでしたが笑)

部下マリアのウサギのデスクトップ画面も気になりましたが、
それどころじゃない展開の早さ!



穴の下では、ニルバーシュに爆撃をするデューイのギンガ艦。
そこに月光号とホランドの303が助けに来ます。

ギンガのビットみたいな苦戦する月光号ですが、
動きが良すぎ!
戦艦というか戦闘機です。
その時操縦しているドギー兄さんを写してくれれば
もっと良かったですが・・・。
なまった声で叫んでるドギー兄さんを。



前回の予告で焦った303の爆発みたいなのはやはり見間違いで
ボードがやられただけで、ほんと良かった。

そして、ホランドはギンガ艦に突っ込み、内部から破壊。
アゲハ隊の奴もいったように、流石ホランド!
かなり燃えました。


そしてガンダムでもお馴染みの、最後は生身で兄弟対決。

デューイは、ホランドに銃を向けいつでも殺せるのに
「1万年前、この星はスカブコーラルによって蹂躙(難しい字だ)
された。固有の体系は失われ、もはや戻せぬほどに尊厳は
破壊されたのだ。
そこまでされて何うえにこの星が生きている必要がある!?

と考えを述べます。

なんだか"地球の尊厳"とか言われてもよく分かりませんが
それに対して
「そんなに死にたきゃ一人で死にやがれ!!」
と言うホランド。
ほんとなぜデューイは自分も死ぬようなことをするのか
私にはよく分かりません。
後に体にコンパクドライブを埋め込んでいて、星と一体となっている
ことが分かりますが、それでもイマイチ。


ただデューイはよくある指導者のように地位や権力を求めているのではない
ということは分かった気がします・・・。

あと「尊厳が失われたから死ぬ」というのは、
まるで昔の日本の切腹みたいですね。

自分を貶めた敵を殺し、その後自分も切腹。
そこだけ考えれば昔からよくある単純な話のようにも思えます。


そして、デューイは自決。
Drベアーから話を聞いたタルホさんが月光号で突っ込んで
止めに入りますが、時すでに遅し。
ホランドも急に態度が変わって泣きながら

「兄さんを救ってやれなかった・・・」

と胸の内を語ります。
敵対心などがあったものの、やっぱり兄さんは兄さんだったのですね。


デューイの死とともに、苦しみだすアネモネとエウレカ。
エウレカは何かに飲み込まれていきます。
すべてはデューイの予定通り・・・。

そんなところで第49話は終わります。



そしてすぐに第50話最終回です。
今までタイトルはカタカナだった(ですよね?)のに
最後は日本語「星に願いを」
なんだか親しいやすいからか、不思議な感じがしました。



いつものOPは無く、世界の様子をバックにエウレカの語りで
始まります。

海に浮かぶ月光号の上にホランドとユルゲンス。
アゲハ隊の子供達の話で、民族浄化の落とし子だという実感が
沸かないホランドに対してユルゲンスは
「ニュースが無ければ、そんな事実など無いと考えるのが人間だ」
どんな酷いことがあっても、知らなければ何も無いのと同じ。

よく言われるようなことですが、これから世界を再建する大人が
こういうの分かっている優しい人間なのはいいことです。

そしてユルゲンスはアゲハ隊を引き取ると述べます。
呪われるべき世界を作ってしまった大人の償いとして。
きっと部下のマリアさんが付いていくと思いますが
残念ながらその描写は無く単なる私の妄想に。




月光号では、アネモネに付いていた輪を調べ、
デューイの恐ろしさ、凄さを実感するメンバー。

世界を救うために、自分の意思で司令クラスターになろうとしていた
エウレカ&レントン&3人ですが、
それもすべてデューイの予定通り・・・・・・。
虚無感が漂います。


だけど、まだ物理宇宙の崩壊が起きてないこと、
信号が送られてくることからエウレカがまだ司令クラスターには
なっていない事が分かり、月光号はエウレカの元へ向かいます。
そこでようやく、OPのSakuraが流れました。

まだ終わってない、これからだ!って感じがよく分かります。



出発する月光号を見守るイズモ艦ではアネモネが
「いいなぁ、エウレカは。あんなにいっぱい命を賭けてくれる
人がいて。」

とすっかり素直で可愛い女の子ですw
今までのツンデレは薬のせいだったのでしょうか。

そして、それを聞いてユルゲンスは呆れたように、

「わがまま言うな、お前にも一人いるだろう。ドミニクという男が」

ちょ!そこは自分で決めなきゃドミニク!w実際命をかけて守ったんだから!!
でも抜けてる所が彼らしいですね。


アネモネはそう言われ赤くなって嬉しそうに、ドミニクと手を繋ぎ
「・・・・・そうだよね。私にはドミニクがいるもんね。
エウレカの彼よりずーっと2枚目の


幸せそうなのは結構ですが、顔のことは余計ですよアネモネw



でも、そんな平和な雰囲気は長くは続かず、
月光号の航路には抗体コーラリアンが。

かなりのピンチに、自分も戦おうと決意するレントン。
モーリスにリンクとメーテルのことを頼み、手紙を渡します。
変わりにモーリスからはエウレカのヘアピンが。


そして、レントン強い思いに反応してニルバーシュが変身。
殻が取れて本来の姿?になり、足も治ってます。
操縦席も変わってまるでGガンダムのように。

もっとこの期待の活躍を見たかったですが、最終回。

レントンの「アーイ、キャーン、フラーーーーイ!」
という言葉と共に空へと飛び立ち、
抗体コーラリアンを一掃します。ちょっと可哀想な気も・・・。

その時流れてるBGMがいいです。



そして、それを見送る月光号の人たち。
ストナー「とうとう、俺達のフレームを飛び越えて行きやがった」

ケンゴー「戻ってくるわけ無かろう。レントンは巣立って
いったんだよ。ゲッコウステートから。
見送ってやろうじゃないか息子の旅立ちを。」


という言葉は、レントンとお別れの言葉でもあるようで
子供の成長を喜ぶ親の声でもあって感慨深かったです。




レントンは司令クラスターの壁を破り、中へ。
背景が油絵みたいな不思議な空間でした。

レントン「バイバイなんて言うなよ。一人で行こうとするなよ。エウレカ」

2人の間にある川は、まるで三途の川のようでした。

エウレカ「来てくれた・・・本当に来てくれたっ・・・・」


「約束しただろ? 俺は絶対、君を守るって。君とずっと一緒にいるって。」

「けど私、もう戻れない・・・。

君がこの星を守るために、コーラリアンでなくなることを選ぶんだったら、
俺も人間であることをやめる。でも・・・俺はそのために、君を失いたくない!

そして、モーリスから託されたヘアピンをエウレカにつけるレントン。
「似合ってるよ。」

「レントン」

「一つになろう、エウレカ。  君を、一人ぼっちになんかさせないよ!」

「うん。  レントンと一緒なら、耐えられる!」


そして、ついにキス!
分かってても見てて恥ずかしかったですw

あのエウレカの白いワンピースは、シンプルだけど
なんだかウェディングドレスのようにも見えました。



コーラリアンになると思ったレントンですが、
そこでニルバーシュが2人を外に出し語りかけます。
女性の声で母親のようです。
今までエウレカにもこういう風に聞こえてたのかな?


月光号では、ゴン爺が、なにやら話し始めて消えてしまいます。
占いとかして不思議な人でしたが、まさかコーラリアンだったとは!



そして、1年後。
ファミレスで大きなハンバーグセットを食べる
モーリス、リンク、グリーンと、
レントンやエウレカ達の名が記された住民票を眺める一人。


最初、それがレントンかと思ったら、なんとじっちゃん!
レントン出撃前の手紙はよく見るとじっちゃんからのでした。

やっぱじっちゃんことアクセル・サーストンはいいですね。
迷惑そうな口ぶりですが、本当に嬉しそうです。
よかったよかった。


そして4人はお月見に。
月にはハートに囲まれたレントンとエウレカの文字が。
なんだかギャグみたいですがw

ニルバーシュが2人を送り出すとき、月に向かった光は
これだったんですね。


他にも、寄り添って月を見つめるアネモネ&ドミニクも。
2人で旅をしているのでしょうか。

ゲッコウステートメンバーのその後が出ないのは残念ですが、
最後、森の中でエウレカ&レントンの姿が見えてオシマイ。
なんかレントンは人じゃなくなってる妖精みたいな雰囲気。


いろいろ気になることだらけですが、
これでおしまい。
終わってしまいました。

スタッフの皆様お疲れ様。
そして今まで感想を読ませて頂いたブログの方々も
本当にありがとうございました。

TBさせた頂いたブログ様
最後で名残惜しいのか読みまくり。
もう無いんですよね・・・エウレカでこういうの・・・。
2話に分かれているブログでは最終話(50話)の方にリンクを
貼らせていただいてます。

・ハリネズミのちょびっとMemo
・制限時間の残量観察
・蒼穹のぺうげおっと
・*LIEBE*
・コトマニ
・まいなすぷらす
・イマドコ?いまここ。
・blog不眠飛行
・☆今日の雑色雑記★
・七色スカイヴィレッジ
・ここには全てがあり、おそらく何もない
・凡ての道はガンダムに通ず
・猫煎餅の偏頭痛ブログ
・うつわの器
・積極的に楽しむ心
・藍麦のああなんだかなぁ
・ぷらすまいなす研究所 ~in the azure~
・今日は何色?
・RRR
・Kimiteru's Blog
・キラキラと輝くモノ
・N2-D2
・胡蝶のユメ
・ほえほえ~♪なかんじ
・unknown
・ToyandDiary
・no-count2! あたしはあんたに首ったけ
・月の静寂、星の歌
・オヤジもハマる☆現代アニメ
・おくいのなんでもdiario




「セカンド・サマー・オブ・ラブ」に「星に願いを」も入ってます。
もうすぐ発売!楽しみです。
B000EGD09I交響詩篇エウレカセブン ORIGINAL SOUNDTRACK 2
TVサントラ
アニプレックス 2006-04-05

by G-Tools


Comment

DABA

初めまして。
TBありがとうございました(^^)

すいません

題名と名前欄間違えました(^^;)

はじめまして!

こちらこそTB&コメントありがとうございます!
ニルバーシュがリアルロボットからスーパーロボット化
というのが想像して面白かったですw
いずれ本当に出て欲しいものですが。

>題名と名前欄間違えました
フォームにサイト名なんてあるので紛らわしいですよね。
私でも間違えるのでお気になさらず。

ではコメントありがとうございました!

いまさらですが、

エンディングでエウレカとレントンの前に横たわっていた川は三途の川ではなくて、天の川なんじゃないでしょうか?織姫と彦星の恋のお話しみたいな。エンディングは難しくてよくわからなかったのですが、レントンはエウレカの心の支えになるために一緒に指令クラスターになったんじゃないかと思います。だから、レントンと一緒なら耐えられると言ったんじゃないかな?ニルヴァーシュが箱船になって生命体の半分を別の星に連れていったから指令クラスターが必要なくなって...。ニルヴァーシュはレントンとエウレカから融合する以外のコミュニケーションの手段を学び。悟りにに至ったと、

Eternal Harvestさんはじめまして!
コメントありがとうございます。

そう言われてみればと思い、録画をひっぱりだして
もう一回見てみました。懐かしいです。

たしかに、男女の二人の間にある川なので、
まさに天の川ですね。
最後、じっちゃんと三人の子供が見上げた夜空にも
天の川みたいのか架かってますし。

あんま考えず書いている文なので、
その時は思いつかなかったみたいです。
川は、天の川でも、三途の川でも、国境の川でも、
二つの断絶を象徴することが多いので、
この時は三途の川が思い浮かんだのかな?
たしかノルブとサクヤが行ってしまう時も
川があったような。

最終話みたら、もう一回全部観たくなってきました・・・。
もう1年以上経ってるんですね。懐かしいなぁ。


では、コメントありがとうございました!

一年以上?たってからコメントした内容に返事があるとは思いませんでした。ありがとうございます。

エウレカの話はいろんな話が混ざってる気がします。箱船(ニルヴァーシュ)とか思いっきりノアの箱船の話だし、最終話の天の川だってそのニルヴァーシュがいなければあの川を渡ることができなかっただろうし。ニルヴァーシュの語源となったと思われるニルヴァーナ、仏教用語で「悟り」を意味するものからも想像できるようにレントンとエウレカは迷いを取り払いお互いを信じることで救われた、世界を救った。だから、2人は希望の光となって、人が迷い苦しむことのないよう道を切り開いて、未来を明るく照らしてくれる存在になったんだと思います。僕の中では、エウレカの物語は美化され伝説化し他のどの物語もこれを越えることができないように思われます。だから、何度も繰り返し見てます。何度みても感動は薄れることがありません、毎度毎度新しい発見があります。
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あっけにとられたときのうた(エウレカセブン最終話)

エウレカセブンも、とうとう最終話です。いろいろ言いたいことはありますが…こんなのってないよー!あ、間違った、「あ~あ」だね~。最終話を見て感動した熱烈

エウレカセブン最終話「星に願いを」感想

「私には大切なものがある。リンク、メーテル、モーリス、そしてレントンみんな大好き。愛してる。私の大切なもの、私のかぞく。何も無かった私にいろんな教えてくれた。

エウレカセブン49話「シャウト・トウ・ザ・トップ!」感想  

一時間スペシャルって二話を一気にやるってことだったんですね。一話を1時間分やるんだと思ってました。TBSの都合があわなかったんでしょうか。なんで感想も二回に分けま

交響詩篇エウレカセブン 49話 シャウト・トゥ・ザ・トップ!

303がカッコ良すぎる!!!!!!!!!!!いや~なんかメチャ良いもん見せてもらった!!なんか戦闘妖精雪風みたいな感じになってぐるんぐるん動きまくり!あの辺りサイコーーー!!!!!!\(゚∀゚)/話の方はさすが最終話前!盛り上がってるよ!あ....

交響詩篇エウレカセブン 50話 星に願いを

艦長!!ナイスガイ!・゚・(ノД`)・゚・。アネモネーーー!!可愛すぎだーーー!!!!そして超展開!!!!(笑)なんか物凄い一気に展開が進んで危うく置いていかれそうだったよ(笑)かなり強引に終わらせたね(笑)それとニルバーシュが最後にスーパーロ...

交響詩篇エウレカセブン 第49話 「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」&第50話(終) 「星に願いを」 感想

今日で最終回ということで、一時間SPの今回。

エウレカセブン最終話 感想

どこのどのシーンで感動したとかじゃなくて気づいたら涙が出てたホランドの男らしさ、エウレカの切なさレントンとエウレカのお互いを思う気持ち。リンク、メーテル、モーリス、アネモネ、ドミニク………なんだか全てにやられた。全てのキャラがよかった。D....

最終話 星に願いを

これでほんとに最後です。エウレカセブンの最終話です。タイトルからしてやられましたね。日本語かよ!って。まさかこう来るとは思いませんでした。やってくれました。タイトルが

交響詩篇エウレカセブン 第49・50話 最終回

圧倒された・・・。なにをどう書けばいいのか分からないが、とにかく圧倒された。単純にニルバーシュが治って、デューイを倒し、銀河号を止めればおしまいなんだろうか?程度くらいにしか予想できなかったのが、なんか自分の想像力、いや創造力の貧困さを思い知らされた。ハ

50話 星に願いを

第50話 星に願いを色んなところで副題は「アクペリエンス・5」だといわれいていましたが、あっけなく覆されてしまいました(苦笑。最初で最後の邦題。べたっちゃー^べたです(汗ちょっと話をずらします。同じボンズ作品に鋼の錬金術師がありますが、そちらを引っ張

終わった

交響詩篇エウレカセブン49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」50話「星に願いを」ううううう。何と言えばいいかわからないけど。良い。良いい。良いいい。うわわわ。とりあえず電グルが来るとは。今思えば可能性は無いわけじゃないのに全然予想外。名曲だ。デューイの件

交響詩篇エウレカセブン#49「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」最終話「星に願いを」

最後の最後までやってくれました。まさか、デューイが「聖人化」に成功していただなんてな!!ゴンジィがコーラリアンだったなんてな!!見事な伏線に土下座したくなりました

交響詩篇エウレカセブン #49・#50 感想

終わってしまいましたね。難解だったと思いますでも特に理解しなくても、綺麗なヴィジュアルやカッコイイ戦闘、素晴らしい音楽などでぉぉーこれはすごいんじゃないの?って思えた

交響詩篇エウレカセブン #49 「シャウト・トゥ・ザ・トップ」

一時間スペシャルって見るとき嬉しいけど書くとき恐いよね。 エウレカ†君のためな...

交響詩篇エウレカセブン第四十九話 シャウト・トゥ・ザ・トップ!

 さてさて、エウレカセブンも今週で最終回を迎えました。二話連続ですが、まとめて書くとフォローが大変なので一話ずつやります。ちなみに今週はいつもより辛口。ただし、批評はしま

交響詩篇エウレカセブン第五十話 星に願いを

 サクサク行きます。49話感想を見たうえでご覧ください。※注意。ご意見ご感想お待ちしておりますが、50話までの感想を見たうえでお願いいたします。「私には、大切なモノが

交響詩篇エウレカセブン #49シャウト・トゥ・ザ・トップ!

最終放送の儀式として最初で最後のリアルタイム視聴。 Bパートの機敏な月光号の動き、あれはないでしょ。クルー全員、シートベルトしてないのにあんな弾除けの仕方したら中の人がシェイクシェイクですよ。 ユルゲンス艦長は地味ながら勇ましなぁ。モニターの壁紙が可愛ら

交響詩篇エウレカセブン #50星に願いを(終)

レントンは月光号の息子で、3人の子ども達はアクセル・サーストンの孫ひ孫で、アゲハ隊はデューイの子どもで、デューイ亡き今後はユルゲンスの子ども・・・などなど、血縁関係の有無は関係なく人類みな兄弟であり・・・これは指にまつわる話(お父さん指、お母さん指、お姉

交響詩篇エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」&第50話「星に願いを」

降り注ぐデブリ、そして笑い出す絶望病患者達・・・。テンサン山脈に突入する事を決めた月光号。そしてまた、デューイの乗る旗艦ギンガ号もコーラリアンの地へ進行する事に。。。

交響詩篇エウレカセブン (Episode.50 星に願いを  -最終話-)

もう49話の冒頭から泣き通し、切なくて締め付けられるような展開と想いの中で始まってしまいました。49話のED後、スポンサークレジットのイラストは月光号から飛び立つために立ち上がったニルヴァーシュ。もうそれすら判別することができないような状態でした。 揺さぶられ

エウレカセブン 49「シャウト・トゥ・ザ・トップ」・50「星に願いを」

「あーい・きゃーん・ふらぁぁぁーーーい!!」もう泣けたし笑えたし最高な最終回でした。1時間が濃かったです。最終回のレントンはいつもの浮き沈みもありましたが、やっぱり一味違いました。そりゃぁ空も飛べるってもんです。これが奇跡を起す言葉ですよ。本当はカッコ..

交響詩篇エウレカセブン 最終話

死ぬ運命だったデューイ以外、主要キャラがみんな生き残ったのは、よかった。

交響詩篇エウレカセブン「星に願いを」

交響詩篇エウレカセブン「星に願いを」です。んで、引き続いて最終話です。49話はこちら。ガキンチョのお出かけの準備をしながら見るという非常事態に陥ったので(?)ひっくり返らずにすんだ最終回です。でも、テレビに向かって「それは~!」って叫んで、怪...

交響詩篇エウレカセブン第50話「星に願いを」

終わりは始まりなんだいや、ホントに…エウレカを見始めたのは実はGYAOとレンタルからなんですね。で、実際に朝7時ので見始めたのが第2クールの終わりくらいから。ビー

交響詩篇エウレカセブン第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」

子供にあんな決意までさせて、エウレカは姿かたちを変えてまでして。これが大人のやることかぁ!?【ここから先はネタばれの可能性アリアリっす!!】

エウレカセブン #50「星に願いを」

最終回一時間スペシャル後編。本当に最終話です。←この1年いろいろあったなぁ~結局エウレカとレントンはどうなっちゃったのーっと謎も残っていますが、すんなり受け入れられる

交響詩篇エウレカゼブン 最終話(TBS)

『全てが昇華された大団円・・・だったよね~?』ついにとうとう、『エウレカセブン

交響詩篇エウレカセブン「星に願いを」雑記

【10秒で分かる、今日の『こうきょうしへんえうれかせぶん』】デューイの罠でこうなった語りかけよう相棒に主人公機は変化する愛する者は花だったキスは1つになるという事ニルヴァーシュは悟りを開く世界は2つに分かれたよ願いましょう、あの星に青と....

交響詩篇エウレカセブン 49・50

副題49「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」副題50「星に願いを」 最初に書いておきます。 ちょっとテンション低下気味です。 第48話が神脚本だっただけではなく、エウレカセブンは節目節目で最高の話を持ってきていただけに、 『このスタッフの人たちなら、...

交響詩篇エウレカセブン 第50話(終)

サブタイトル「星に願いを」  新たなレントンの決意と共に生まれ変わるニルヴァーシュ。  レントンはエウレカとこの星を救うことができるのか?  交響詩篇エウレカセブン(1) BLUE MONDAY  以下詳細  ***********

『交響詩篇エウレカセブン 最終回1時間スペシャル』#49、50

素晴らしかった!!!この感動を何と言葉にしていいやら。上手く言い表せないのがもど

エウレカセブン 49+50話感想

 レントンの「こんな結末は嫌だよ!!」……一年間見続けてきた身としては、この言葉に尽きます。 そうだよ! その通りだよ!!\(`д´)/49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」・50話「星に願いを」 今回、あらすじは省きます。両方、書くと、とんでもなく...

~交響詩篇エウレカセブン 第50話「星に願いを」~

エウレカの語りで始まる最終回さあ泣いても笑ってもこれで終わりです。エウレカはどんな結末を見せてくれるのか?世界を呪った男あの子達を引き取ろうと思うんだデューイが最

交響詩篇エウレカセブン 最終回

本日のエウレカは2本立てでしたが、2話をひっくるめて簡単に感想いきます。詳しく内容を知りたい方々は素晴らしいブログが世にはたくさんありますのでそちらをお探しください。相変わらずホラタル中心にしか語っていませんので。終わってしまいましたね。とりあえずスタッ..

交響詩篇エウレカセブン #50「星に願いを」

エウレカの中に芽生え、ここまで大きく育まれた他者への愛情という感情を、大切に大切に描く方向でこの物語は収束する。愛を知り愛を育てたエウレカが、愛に生きるまでの30分間でした。静かに、じわじわと、だけど気付いてみれば大きく感情を揺さぶられていた。

交響詩篇 エウレカセブン 第49話「シャウト・トゥ・ザ・トップ!」・第50話「星に願いを」感想

この物語はきっとレントンとエウレカの出会い、そして最初の旅立ちを描いた第1話~第3話に戻ってくる、僕はそう思って、否、そう信じてこの1年間を、そしてこの最終話を待っていました。これまで1年間、丁寧に丁寧に積み重ねて紡がれてきた物語は、やっぱりその物語の最

『bootleg! Vol.7~交響詩篇エウレカセブン非公式ナイト』イベントレポート

bootleg! Vol.7~交響詩篇エウレカセブン非公式ナイトイベントレポート 4月2日に前からお知らせしていた『bootleg! Vol.7~交響詩篇エウレカセブン非公式ナイト』に行って来ました。 新作アニメの記事で忙しくて、「レポートなんか誰も見たくないでしょ」と思い書....
日めくりカレンダー
絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

最近の記事
全タイトルを表示
ついった
カテゴリー
最近のコメント
リンク
Amazon
プロフィール

ろっく

Author:ろっく
漫画とアニメと栄養が好き。
PHP、Python、jQuery使ってるWEBプログラマ。
ついったー

RSSフィード
検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
981位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。