スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交響詩篇エウレカセブン第28話 メメントモリ感想

Category : 交響詩篇エウレカセブン
OPはもしかしたら、わざと作画を酷することにより
視聴者をやるせなく鬱な気持ちにする演出・・・
と言い聞かせてみてもダメでした。


今回はチャールズに引き続きレイも・・・の回でした。
はぁ・・・。



冒頭は、レイの回想。
レイが子供を産めない身体になってしまってもチャールズは
「結婚しよう」
「君じゃなきゃダメなんだ」

と、熱く優しいプロポーズ。

でも、こんな良いシーンも、前回のあんなのを見てからじゃあ
悲し過ぎです・・・。
そんな良い人があんな死に方するなんて
分かっててもちゃんと受け入れられません。



チャールズのレイに対する愛情は相当なものだと
思うんですが、それでもレイは子供を産めなくなったことへの
くやしさ、喪失感、その原因であろうエウレカに対する
憎しみは消えなかったよう。


今回の特攻の動機も、チャールズの敵討ちより
そのエウレカに対する憎しみが主だったみたいで
チャールズがちょっと可哀想な気が。

レイの最後は・・・。
もう辛すぎ。



ニルバーシュについてジョブスとウォズが
言ってたことはよく分からないけど、
ニルバーシュの中身が成長して、
脱皮と新しい皮が必要・・・みたいな感じ?(たぶん違




ホランドは、チャールズのボルトアクションライフルを
整備してる。殺しはしたけど、やっぱり友人で形見って
ことにすんのかな。
レントンに任せる、みたいなこと言ったけど
まさかすぐ死にはしないですよね・・・。






次回は、久しぶりのおじいちゃん。
そしてドミニク
ちょっとでも明るくなることを期待です。



スポンサーサイト

さよなら絶望先生 第25話を主に週刊少年マガジン48号感想

Category : 週刊少年マガジン
さよなら絶望先生
第二十五話

「吾輩は天下りである。
仕事はまだない」
感想

先週はイベントとその後の疲れか風邪をひき
お休みしてしまいました。もし、もし気力が
あればあとで簡単に書きたいです。木津さんの
ヒロイン化が躍進した回ですし・・・。



・・・さて、今回の感想。
今回は「天下り」が話題。
文部科学省の方から天下りが。
先生が知らず、可符香が知ってるってことは、
やっぱり連れてきたのは可符香?

最初はただのポジティブ少女のはずでしたが、
最近明らかにどんどん黒くなってきてますよ。

まあ、かってに改蔵の羽美ちゃんも
最初普通のヒロインだったのに最後の方は・・・ですし。



各所でよく言われてますが、「ひそっ」と可符香が
先生に耳打ち(?)してるシーンは、顔が近いし、
耳というより、口に向かって言ってるようでドキドキです。
ただ2人の顔をよく見せるためだけかもしれないけど。


先生は天下り様に媚びへつらいながらも、
何もしないでくださいと、お願いするも
天下り様は、現実味のない提案をぞくぞくと。
悪気は無いんだろうし、ほんと困りますね・・・。

でももしかしたら、日産に来たカルロス・ゴーンとかも
日産社員からしたら、最初はこんな感じだったかも
知れません。



30人31脚と聞いて、恐れて泣いてしまう音無芽留。
最初読んだ時は気付きませんでしたが、
よく見てみると、


「あ」とつまづいたコマの芽留の隣では可符香らしき
人物がちょっと「してやったり」みたいな顔してます。

そして、その次の次のコマでは、可符香らしき人だけ
手を腰にして、芽留を責め立てているようです。
他の人たちは「どよんど」って落ち込んでる顔なのに。


やはり、芽留は可符香を恐れているんですね。
芽留の紹介の回(単行本第一集参照)でも
可符香の目を見て「コロスコロスコロス」と
読み取ってましたし・・・。
泣いてる芽留がちょっとかわいそうです。


同じ30人31脚でも、臼井はとなりの小節あびるの腰に
手をかけて密着する妄想をしてます。

前回もそうだったけどやっぱり臼井のターゲットは
小節さんのよう。
でも彼女からは恋愛対象うんぬん以前に
存在すら認識されていない気がしますがw



日塔奈美は天下り様を見て、アイデア先生を思い浮かべます。
最近出番が増えてきましたね。
普通だから使いやすいんでしょうか(ぉ

私もアイデア先生に苦しめられた記憶は何となく覚えてるけど
小学校の頃は詳しく思い出せません(え
中学の時に数学の先生がテストで100点取ったら
全員で牛丼食いに連れてってやる、というのは
良かったかも。




そして、身の回りの天下りへ。
ちょっと改蔵のセリエ∀(ターンエー)に
近いですね。

部活OBの天下りはほんと迷惑ですよ。
大学のサークルなんて、もっと最悪な気が。
よく来るOBは、たいてい職が無いか、
職場に居場所がない可哀想な方々で、
偉らそうにして優越感を感じるために
来てる人たちですし(ぉ





先生は、高校生に天下り(?)。
背が高く、足も長く、カッコいいです。
普段は袴(?)だから目立たないのかもしれません。

「好きな子言い合いっこしおうぜ」
久藤准に言ってるコマの横では、
先生のストーカー(以上の存在の気がするけど)、
常月まとい
が包丁をw
内容によっては刺す気だったんでしょうかね(怖


先生を追って天下りした木津千里の先生を注意する姿は
なんかイキイキしてます。
もうなんかすっかりヒロインですねw


夜回り中学校の制服はまさに
かってに改蔵の虎馬高校のそれですね。
横シマシャツを来た改蔵らしき人物と、
羽美らしき人物も見えます。






最後は可符香の力で、先生、千里、臼井が前世へ。

「来世を下見したり、前世に天下ったり本当に先生は
現世が嫌なんですねえ」


って、自分でやっといてw


オチはクラス全員天下り。
この調子なら当分高校生でいられますね(ぉ




↓以下他の作品少しずつ。



→続きを読む

ハヤテのごとく!第53話を主に週刊少年サンデー第48号感想

Category : 週刊少年サンデー
ハヤテのごとく!
努力の先に新しい世界があるかもだ。
で、第53話は
 
「がんばれナギーズ 特訓編」



タイトルの元ネタが、がんばれ!ベアーズ特訓中なのは
検索で一発でしたが、ある事柄と結びつけて、一人勝手に
とっても驚きました。ほんとに。
長くなるので区切っときます。特に飛ばし読み推奨。

_________________________

そのある事柄とは、今週の週刊少年マガジンの「もうしませんから」
畑先生の師匠である久米田康治先生の取材が
掲載されたんだですが、そのやりとりの一つに、

西本先生(もうしませんからの作者) 
「久米田先生は映画よく見るそうですね」


前田さん(久米田先生のアシ) 
「そうですね、この前はがんばれベアーズ観てきたって言ってました」



・・・偶然でしょうかね。でもそれはそれで凄いと思います。
まさか一緒に見に行ったなんてことは・・・。

(ちなみに久米田先生は現在少年マガジンで
さよなら絶望先生を連載、以前は週刊少年サンデーで
かってに改蔵を連載してました。)

_________________________


そんな師匠と弟子の映画デートの妄想は辞めて(ぉ
ハヤテのごとく!感想。


扉絵のナギは何してるんでしょうか。
最近のナギの体操服姿は特にかわいく見えます。

その原因は私の趣味もあるかもしれませんが、
それよりも、バックステージに書いてあるとおり、
畑先生自身が「体操服を描くのがかなり楽しい」から
それが絵に表れているのでしょう。
絶対そうですよ。(無駄に必死)

特に畑先生が
「ハヤテがナギの体の柔らかさを褒めるシーンが
出来てちよっとうれしかったり」
(誤字は愛嬌)
と述べている、
前屈して上目遣いのナギは、ふるぱ-しゃる
秋月らせんさんも絶賛されているナギ可愛いよナギさ。(少々暴走中)
ほんとかわいいです。




そんなかわいいナギを織り交ぜながら、大会に向けて特訓中です。

ハヤテは、先週アレ(ヒナギク)から聞いた賞金のことを
主に考えているようです。
クビになることに不安はないのか、
それとも余程勝つ自信があるのか。


でも、ちょっと気になるのがハヤテが借金返すと
ナギが喜んでくれる、と思っているようなこと。

ナギにとってハヤテの借金1億5000万円は最初、
「ただでプレゼントしたつもり」(第一巻第5話より)と言ったほど、
あげても返されても、全然大した金額じゃないようですし、
それより、返されたらハヤテが執事として働いてる主な理由が
無くなってしまうので、困ると思うんですよ、ナギが。
あと私も。


まあ、借金無くなってもナギの執事辞めないと信じてますし。
そうなったら漫画が続かなくなるから大丈夫ですよね・・・。


と、まだ手に入ってもない賞金で妄想飛躍。



戻って。
ハヤテと違い、ナギやマリアさんは、一位じゃなかったら
ハヤテがクビになってしまうことを心配してるよう。

そして、さっきも触れた前屈してるナギのシーンあたり。
マリアさんは、ハヤテがナギを褒めてやる気にさせてる、
とお思いのようですが、それだけじゃないと思います。
ナギがやる気の源は。

そう、第一はハヤテをクビにさせないためですよ、きっと。
これ重要。だから命がけ(?)で嫌で辛い運動を
がんばっているんですよ。
前回練習に出たのもハヤテのためだったですし。
無謀な約束をしてしまったことに対しても責任を
感じてるんでしょう。

そんな妄想で健気なナギかわいいよナギ。



半分もいってないのに無駄にクソ長いですね。
まだ風邪が治ってないせいかも(関連薄)



そして、学校でマラソンということで、
出番を心配してたマリアさんは無事、
見学という形で出番をゲットだぜ!!(サトシ風・今さら・パクリ・寒)
出番でもヒナギクに差を縮められたら大変ですもの(ぉ



レース直前、ヒナギクの姉であり白皇学院世界史教師、
桂雪路先生は、カイジの顔になってますw
ヒナギクと組むのかと予想してたのはハズレ、
薫先生と組むことになりました。

その薫先生はガンプラ好きの28歳、そしてチェリーボーイという
サンデー読者の8割も持つステータスを手に入れ
親近感から今後人気は安泰でしょう(ぉ
もちろんわたs(ry
でも、桂先生もあんま人のこと言えないんじゃ・・・。


そして、3backs of Hinagiku(今付けた)登場。
花菱美希がヒナギクと組むことに。

バックステージによると花菱美希は
「代々政治家の家系でおじいさんは総理大臣経験者」
ということ。
・・・どんだけ凄いのか私には想像できませんが。



最後、スタート直前には責任を強く感じて悩むナギ。
それを励ますハヤテ。

ハヤテ「足りないところは僕が補いますから」

ってやっぱり体力になるでしょうか。
前回の感想のコメントにも書きましたが、
私はハヤテがナギをおんぶして走るのを希望・・・
予想してます。




レース内容は全然予想がつきませんがどんなんでしょう。
白皇学院一周なので、長いだろうし。
楽しみです。




・・・長いです。無駄に。
全部読見直すのが自分でも大変。
いつか誰も読んでくれなくなったら悲しいので
もっと濃く短く書きたいです・・・。



他の作品も含め、もっとちゃんとした感想は、

ツンデレ大好き、秋月らせんさんのふるぱ-しゃる様
サンデー立ち読みスペシャリスト☆yasiさんの☆yasiのひとりごと
がオススメです!





↓以下他の作品少しずつ。

→続きを読む

ハヤテのごとく!第52話を主に週刊少年サンデー第47号感想

Category : 週刊少年サンデー
すっかり遅くなり、日曜(サンデー)も過ぎてしまいました。

ハヤテのごとく!
風が冷たい季節だから、
温もりよりも有り難い。

「ナギ・アンダルシアの冬」 という
寒いか暑いかはっきりしない第52話

感想




タイトルの元ネタは「茄子・アンダルシアの夏」
ようです。


今回は前回の翌日のようで、ハヤテはまだ包帯巻いてます。
が、もう治ったのか起きてすぐ取ってますね・・・。
あんなに血がドロドロ出てたのに、
さすが中身はやっぱり鬼(byマリアさん)。

死ぬ寸前まで戦っても、宿屋一泊で完治する
RPGのようです。

それにしても、ハヤテがパジャマを脱いでる時の表情が
悩んでると言うより、恥ずかしがってるように見えるのは
私が異常だからでしょうか・・・。



そして、ナギ曰くデスマーチ、マラソンの話題。
私も貧弱なので休みたくなるの分かりますが、
あそこまで強い意志を持てるナギは逆に凄いと思います。


私が思うにナギがそこまで体が弱くなったのは
負けず嫌いが関係あると思います。
きっと運動でいくらがんばっても、アレのような
のには絶対勝てないと分かり、
努力することが怖くになったのかも。

運動≒負ける≒悔しい
みたいな状態。

「がんばって負けた」より、「何もしなくて負けた」の
方が悔しさは小さいでしょうし。

そんな感じで逃げ続けてるうちに、
こんなのになってしまったのかと。




そんなナギをどうにかしたいマリアさん。
でも、かわいそうなことにマリアさんの後ろ髪(巻いて止めて
ある部分)を描くのは面倒なのか、難しいのか
大きいコマでは、ことごとくフキダシで隠されていますorz
いつからこんなことになってるのか、後で調査しようと
思います。

もしかしたら、

畑先生がマリアさん描くの嫌

漫画にそれが現れる

読者が無意識にそれを感じ、マリアさんが嫌になる

なんてことがあるのかもしれませんよ!?


それでも負けるなマリアさん、
アレにも負けるなマリアさん、
がんばれマリアさん、
応援してますよマリアさん。

・・・・・・。
私、徹夜続きでおかしくなってるようです。


さて、戻ってマリアさんとハヤテの食事シーン。
小さいテーブルで2人っきりってまるで、
まるで・・・、まるで・・・(羨ましいので思考停止

バックステージによると、ハヤテが主に
作ってるそうですね。
ナギは一人で別メニューを食事?
寂しくはないのかな。
三人で食べればいいのに・・・。



ハヤテの考えで、運動場で練習に。
最初は、国立競技場でも貸切にしたのかな?
凄げーなぁと思ってたら、バックステージ
見ると三千院の所有物ですか。

ナギ、マリア、クラウス、ハヤテ、タマ、帝ぐらいしか
いないのになぜ土地と金を使ってそんなものを?
三千院の系列会社へ仕事を与える公共事業みたいな
ものだったり・・・は考えすぎですかね。


そして、練習直後、50メートルぐらいで倒れるナギ。
倒れてハァハァしてるシーンは、
全く別のシーンにも見えてしまうけど(ぉ
私の理性はそうはさせないようでまだ大丈夫(?)なようです。


ナギ曰く、
人間とチーターは違うのだ!!
走るようには出来てないのだ!!

ですが、走れるようには出来てますよね、一応(いらんつっこみ)。

「人間」と「チーター」は
「ナギ」と「ヒナギク」も意味してるような。




クラウスのハヤテ批判で、ナギは一位を取ると言う無謀な
約束を。サメに立ち向かった時も思ったけど
やっぱりナギはダメなことは何も考えてない?

・・・だが、そこが良い(萌

それでこそハヤテのがんばり甲斐があるってものです。


クラウスのハヤテの呼称はまだ「少年」ですね。
まだハヤテを執事と認めてないってことかな。




そして、一位を取る対策のためアレのところへ。
仕事があるのに他の役員が来ないのは、
ヒナギクが頼りがいがあるからってことですかね。

他の役員(瀬川 泉、花菱 美希、朝風理沙)は
使えそうにないし(ぉ




でも、終始ヒナギクの言動が、優越感に満ちて
威圧的に感じるのは私の心のゆがみのせいでしょうか。
私は彼女には何か裏を感じてるのか未だに素直になれません・・・。
それはそれでいいキャラだし、不要な警戒なんでしょうが。


そしてこれから重要になるであろう
「マラソン自由型」
2人組ってことは、ハヤテとナギペアになるんでしょうか。
ヒナギクは姉の桂先生?

ナギは走れないし、1位にならないと終わりなので
ハヤテがおぶったりして、ヒナギクと競うって
ことになるんでしょうか?
そうなるとナギがマラソンしたことにはならないけど
まあ、この際細かいことはいいですね(ぉ


あと、マラソン自由型を含めた「五つの伝統行事」
賞金総額はハヤテの借金と同じ1億5000万円
全部勝つと返せてしまい、ナギの所にいる大きな理由が
なくなってしまうので、まあ勝つことは無いでしょう(え?
というか、返しちゃだめだぞ、ハヤテ!(ぉ






↓以下他の作品ちょっとずつ。
長くてしっかりした感想は
☆yasiのひとりごと様
ふるぱ-しゃる様
オススメです。

→続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 第27話 「ヘルタースケルター」

Category : 交響詩篇エウレカセブン
家に帰ってきて、深夜になって録画を見たのですが、
急激な変化にまだついていけないようで、
まだボーっとしてます・・・。
たぶん感想もボーっとしてます(ぉ。

OPは曲も歌詞も熱い曲ですね。
でも作画が・・・。
どうしたんでしょうか。



冒頭は、営倉に入れられたレントン&エウレカ&子供達。
もしかして、またホランドのガキっぽさが炸裂するのかと
思いましたが、ドギー兄さんのセリフ
それ所じゃないことに気付く。

罰とかそういうのじゃなくて、
守るために閉じ込めてたんですね。

それにしてもドギー兄さんは、やっぱり優しくて
素敵でした。目がすごい穏やか。
今回は方言も無かったしw



月光号の中は、世界の変化への不安か
暗く緊張した雰囲気。



チャールズ&レイは、小型艇で月光号へ。
あのカプセルみたいのなんだろーとは
思ったけど、まさか爆弾とは・・・。

「痕跡一つ残さず去れ」
って死んでも・・・ですか。

ホランドは、来るべき敵に臨戦態勢。
目の周りの赤塗りといい、裸に黒塗りといい、
鋭い目つきといい、野性的で、かっこよく、熱くなりました。

自分の中にもそういうのに憧れがあるんですかね(笑
弱っちいですけどw

ホランドをかなり見直しました。




ジョブスがこんなにしゃべるのは初めてのですかね。
よく言ってる意味が分からないけど(ぉ
ギジェットのいい相談役になってるよう。

でも、ギジェットに知ったかぶりせず、
「分かんね」
と言えるドギー兄さんは良いと思いますよ!?





そうして、レイ&チャールズ潜入。
予測してただけに、そこまで慌てない。


営倉にレントン達を迎えに来たタルホ姉さんの背後には
レイが。

エウレカに対し、やはり強い憎しみがあるようです。
あと子供に対してもなにか思いを。
レイはやはり何らかの理由で子供が産めない、
そしてそのこととエウレカは関係あるような。



勝手に動くニルバーシュと、レイが捕まったとの報告に
油断したチャールズに、ホランドが接近し
一気に倒す。会話の内容はまだよく分かりませんが、
チャールズがホランドの足を撃ったのはわざとでしょうか?
すぐに撃ってれば頭か胸を狙えた気がするけど。

そしてチャールズ死亡・・・(泣。
早い、早すぎ。

もっとあのスカートLFOの戦いが見たかったんですけど。
やっぱり死にキャラだったんですね・・・。



最後は、レイがチャールズの死体を爆破し(うわ
そのうちに脱出。


朝から殺し合いに、死体爆破なんて・・・。
深夜に見てもだいぶ辛いのに。
でも、やめられない(笑





EDがタルホさんとアネモネ?
全然本編と違う雰囲気で新鮮です。
第3期はこの2人が重要に?



次回はLFO戦があるよう。
レイも死んじゃうの?

コミッククリエイションに参加

Category : その他
10/23のコミッククリエイションという小さい同人誌即売会に
高校からの友人について出ることになり、
稚拙ながら、ハヤテの4コマをちょっとだけ
描いてます。

「電妄研」というサークルで。代表者は根本、
場所はB-08aとなってます。ジャンルは彼がメインなので
創作となってます。彼の方が圧倒的実力です。
彼のHP
↑かなり独走的で強烈ですが、
お暇だったら是非見てみてください。


開催は日曜ですが、土曜の夜までに
友人宅へ行って印刷しなきゃ行けないので、
相当追い込まれ中です。


サンデー、マガジンの感想はそのイベント後に書く予定です。
もしそれらを見に来て下さった方々がいたらごめんなさい。

その下手っぴなハヤテ4コマはイベント後に
ほぼ描き直してここに晒す予定ですが、
漫画処女作で恥ずかしいので、出来れば見ないでください(ぇ

交響詩篇エウレカセブン第26話 モーニング・グローリー感想

Category : 交響詩篇エウレカセブン
今回は、なんといっても待ちに待った
レントンとエウレカの再会!!
これに尽きます。
起きた時、かなり眠かったのに見終わった時には
かなり感動、興奮して眠気は吹っ飛んでました(笑





エウレカはもちろん、子供達、タルホさんなど
がレントンの帰りを待つ中、
ホランドの信用はガタ落ち。


ドギー兄さんもエウレカを心配し、励ますときに
「ホランドが連れ戻してくれる」って言うけど
その信頼も結局破られることに。
ドギー兄さんの優しさが出ててかっこよかったのに・・・。

今までホランドに嘘をつかれたこと無いエウレカも
今回のことでホランドを見限り、自分で助けに行くと決意。
「レントンよりお前が大事なだけだ」って
セリフも信頼されてなきゃ、喜ばれるわけも無く。
ドアが人形を挟んで閉じたり開いたりしてるのが
ホランドの寂しさを更に増してます。

タルホさんも、一人で帰ってきたホランドに
「あんたはガキ以下ね」と罵倒。
もう、いい加減エウレカにも信用されなくなるよっ
ていう警告でしょうか。

ホランドは前々回に決意して、これからはレントンを認めて
情けない姿は見せないと期待していたのに
がっかりです。



軍の包囲網から抜け出そうとしている中、
エウレカがレントンを連れ戻しに飛び出します。
レントンのヘルメットを被って。
片手怪我してるのにバランス取れるなんて凄いなぁ。

それと入れ違いに、レントンが帰ってきます。
強い意志の表れか、目付きが終始ちょっと厳しいです。
ケンカ売ってくるホランドにも全然構わず、
「俺はただエウレカに、エウレカに会いに来ただけなんだ」
強くなったレントン。そして更に弱っちく見えるホランド。



州軍&チャールズ&レイがいる七色雲海(?)では、
エウレカとチャールズ&レイが遭遇。
チャールズ&レイはセリフといい、目つきといい、
すっかり敵役といった雰囲気です。

レイさんは、エウレカに恨みでもあるんでしょうか?
当てるつもり無いといつつ、かなり撃ちまくってるし(汗


そして、チャールズとの追いかけっこの後、落下してしまった
エウレカを助けるレントンwithニルバーシュ!
流れるBGMのSUPERCAR「STORYWRIGHTER」!
ラブラブに話す2人!

頬を赤らめるエウレカ!!
抱きしめるレントン!!!

それを必死に追いかけるチャールズw

もう、なんかね、分かりやすい展開ながらゾクゾクして
しまいましたよ。
「好き」って言おうとしたのか照れて頬が赤くなった
エウレカは可愛すぎ!!
眉毛は無いのに(ぉ、こんなかわいいなんて・・・。
やっぱ人間見た目だけじゃないですね。



そして、次々と州軍のKLFの腕を切って、殺さずに
戦闘不能にしていくレントンwithニルバーシュ。
チャールズは追いかけるのを諦めたのか怖いのか
後ろで眺めながら「死ぬぞレントン・・・優しすぎる」って
偉そうに言ってますが、今のレントンは強すぎて
説得力ないですねw
負け惜しみすら聞こえる・・・。

レントンの手にエウレカの手が重なった時、
セブンスウェルとは違った、すごい現象が!
KLFは外装取れて中身出ちゃってるし、州軍の戦艦は
リフレクションフィルムがはがれちゃって
戦闘どころでは無くなって、一体なんなんでしょうか?

あれやっちゃったら州軍なんか相手に
全くならないよな。

とりあえず、月光号には当たらなくて良かったですね。
また貼るの凄い大変ですしね(笑

第一期のED、秘密基地が流れる中、レントン&エウレカは
そりゃあもう聞いてるのが恥ずかしくなる会話を。
でもよかった、よかった。
やっとエウレカの笑顔が帰って来ました。


ホランドは、あの現象を見て、今度こそ自分の立場を
理解したの・・・・か?


次回は何やってるのかよく分からないけど
チャールズ&レイが暗躍!?

地丹のアクションゲーム(超仮)製作途中

Category : その他
地丹のアクションゲーム(超仮)

今FLASHは超のろペースで、こんなものを製作中。
かってに改蔵の地丹を主人公にしたゲームのつもり。

まだゲームにすらなってないし、完成はいつになるか分かりません。
どんなゲームになるか、そもそもゲームになるか・・・。

ハヤテのごとく!第51話を主に週刊少年サンデー第46号感想

Category : 週刊少年サンデー
ハヤテのごとく!
第51話は全米ナンバー1最有力!!


「タイタニック エピソード4 
WITH A VENGEANCE」


今回は前回からの続き、タイタニック号でのお話の後編。
意外な人物が大活躍ですw


前回登場したテロリスト、デ○ーズ・フリート
やられるシーンもなくあっけなく御用です。

クラウスは銃弾もってるし、
咲夜の執事(巻田&国枝)はクンフーが
どうとか言ってて、圧勝だったよう・・・。
是非戦う姿を見たかったです。

いつもナギや咲夜達が何も恐れることなく、
ノビノビとしているように見えるのも、
きっと彼らがいるおかげなんでしょうね。
でも少々ノビノビしすぎてる気もしますが(笑


テロリストが襲ってきた動機は
最近学園話などですっかり忘れてた、
「ハヤテを倒せば三千院の莫大な遺産が手に入る」
という設定。

最初は「ナギに泣いて謝らせる」という
条件だったけれど、それを今の条件にしたのは
ハヤテが希望して、マリアさんが三千院帝に
頼んだからですよね。そこんとこは忘れて欲しくないものです。
マリアさんのおかげですよ!?


それにしても、この条件。
今回のようにハヤテはともかく、
ナギや咲夜、伊澄にも迷惑がかかるとなると
問題ありますよね。
いずれハヤテが彼女らの執事等、
身内から狙われる日が来たりして(ぉ


テロリストは捕まったものの、仕掛けてた爆弾の
スイッチを押し、爆発。船が沈んでいきますw

っていうか捕まえたら、一応武器持ってないかとか、
自爆しないかとか、身体検査するのがプロっぽいですけど、
なんなんでしょうか、一流の執事達は。
サクの言うようにテロリスト達を船に載せた時点
かなりの失態ですし。
凄いんだか凄くないんだか・・・・。

でも、少し欠点があったほうが人間っぽくていいのかな。
ドジっ子みたいに(違

爆発の衝撃でハヤテは出血。かなり出てます。
超人ハヤテなので、冷水だけだったら楽勝だから
試練を与えたのでしょう。

あと書かれてないけど、海水なので傷にかなり
しみそうです(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


そして、その冷たい海水に入らなければいけない理由の
伊澄登場。
見たところ濡れずに、うまく浮くものに乗ってるし、
サクのいうよう、ほんとに幸運の女神に溺愛されている
みたいなので、ほっとしても大丈夫そうですが。
彼女のまだよく分からない特殊能力もありますし。

でも、やっぱりほっとけず、助けるハヤテですが
血に釣られてサメが2匹!!


サメの顎に挟まれピンチのハヤテには悪いですが
横でオロオロしながら小枝振ってる伊澄
かわいいです(ぉ

そして、それを見てハヤテを助けようと海に入るナギ。
行っても助けられそうにないし、
水温も冷たく体力の無いナギには危険で、
かなり無謀な行動ですが
迷い無くハヤテを助けに行こうとするナギに
もう感動です・・・うるうる(;_;)

そして、それを助けるハヤテ・・・。
今回はこんなシーンが見れて満足というか、
安心ですよ。ほんと良かった。
・゚・(ノД`)・゚・。。

ちょっと気になるのが、伊澄がハヤテがサメに
襲われてても、まだ術(?)を使おうとしなかったこと。
小さく書かれた「ぐっ・・・仕方ない!」
いうセリフと畑先生のバックステージのコメントから
やっぱり秘密にしたかったからと、
ハヤテの時は、ハヤテの力だけでも
まだ何とかなると思ったからでしょうかね。
流石にナギの時は無理と思ったか使おうとしてるし。

実はハヤテはどうでも良かった・・・
みたいなことは絶対にあって欲しくないです。


そして、何だかんだ言って、今回の見所、
メガネを外したクラウス!!
前半のテロリストをやっつけたこと、
凍てつく海水の中ハヤテを助けたこと、
気取らない渋いセリフ、白髪とヒゲが
合わさり強烈なかっこよさ!

今までの私の中のクラウス像が激変しました。
ハヤテが三千院の執事になるとき、
偉そうで、厳しく反対してたのも、
本人がこんな凄いなら当たり前ですね。


ハヤテのセリフにハートマークが
付いてしまうのも分かります(笑


でもきっと、それは尊敬とかそういうのだから
大丈夫だよナギ・・・たぶん。



・・・ところでマリアさんはどこ?





こわしや我聞、ブリザードアクセルを特に。






↓以下他の作品の感想少しずつ


サンデー感想は、ここより
ブリザードアクセル、こわしや我聞に特に力を入れてる
ふるぱ-しゃる様
立ち読みの猛者(ぉ、staryasiさんの
☆yasiのひとりごと
がオススメです。



→続きを読む

交響詩篇エウレカセブン第25話 ワールズ・エンド・ガーデン感想

Category : 交響詩篇エウレカセブン
今回はチャールズ、レイと別れたレントンが
歩いて、倒れて、出会った一人の男とその妻の話。

予告で木だと思ってたものは、パイルバンカーだったよう。
よくあんな数作って打ったなぁと思いました。
それほどこの世界で人々が生きていくのに必要なもの
なんですかね。レントンも学校で相当教えられたみたいだし。



ウィル(ウィリアム・B・バクスター?)は、
誰とも知れぬ倒れてたレントンを助けてくれたうえに
看病してくれたり、話しかけてくれたり、
「ウィルでいいよ」とか言ってくれたり、
優しい良い人。

でも、中身はとても強い心の持ち主だと思います。

はじめ、私は絶望病の妻マーサに対する彼の態度を見て
現実を認めず、病的に前向きに生きているのかと感じました。

しかし、後の彼の自然に対する考え方を知ると、
すべてを認め、受け入れて生きているように思えます。

彼にとって、妻マーサは絶望病でも何でも
愛する人には変わりは無いんでしょうね。

「君にはいるかい?世界の終わりが来ようとも、一緒にいようと
思える人が」

とかかっこよすぎです。

絶望病の原因はよく分からないけど、
それにに対しても恨まず、憎まず、そのまま受け入れているから
絶望しないんだと思います。


彼の雑草ボーボーの畑も、自然そのままに生きる
彼らしいです。


頼もしい父親的なチャールズとはまた違った、
一人の女性を愛する夫の理想みたいな人ですね、ウィルは。
レントンも彼の言葉でエウレカに対する思いをさらに
強くしたように思えます。



一方ホランドは一人でレントン探し。
乗るの909だけかと思ったら、606に乗ってますね。
前回冒頭の事故で壊れてるのかな?

そして、今回一番の成果(ぇ、
ドギー兄さんお気に入りバッグを奪還しました!!

偉いぞホランド!やったねドギー兄さん!

でも肝心のレントン探しは、軍に囲まれてる危険を感じて
中断のよう・・・。


「狐みたいな美人と、狸みたいな親父」
と聞いたホランドは、すぐさまチャールズ&レイを
思い浮かべてます。やはり昔からの知り合いのようで。
表彰台でホランドの横にいる細身の美男子はもしかしてハップ?





<次回予告から>
次回予告の最後でレントンとエウレカが一緒に乗ってます!
ついに再会!?
月光号VSビームス夫妻はいつになるんでしょう。

さよなら絶望先生第二十三話を主に週刊少年マガジン第45号感想

Category : 週刊少年マガジン
さよなら絶望先生
第二十三話
「一人の文化人が羅生門の下で
雨やどりをしていた」
感想

今回はテーマは文化祭?
最低限度の文化的な文化祭のお話。

でも先生は
「文化人気取るな」とか
「ろくな大人にならない」とか
文化祭に批判的。

いろいろ言ってるけど、ただやりたくないだけ?
木津千里が憲法を持ち出すとすぐ屈してますw
日本国憲法って本持ってるのは、やっぱり何事も
きっちりしたいからでしょうか?

あと、憲法の「最低限度」って言葉は、
「文化」じゃなくて「生活」にかかってる気がするけど、
どうでもいいですね。


そんなこんなで、最低限文化的な催しもの
の模索が始まります。

・劇は演技下手なタッチ&藤吉晴美の超テキトーな脚本。
藤吉さんは同人誌描いてるだけあって、慣れてるんでしょうか。

・バンドは木村カエレの下手な歌。
ジャイアンボイス。カエレ歌下手なんですね。

・漫才は木津千里の「ここが勝負の分かれ目よん」
これは・・・?笑 2コマ目の遠くからの絵が何かいいです。
あと「マ太郎」って呼び方はじめてですね。なんかピッタリな気がします。

でも、結局先生のケチがついて、全部ダメに。


やっぱ、ただやりたくないだけなんじゃないでしょうか?w
最後、木津千里に「(最低限)文化的な授業をしてください!」
って言われて困ってるしw

それで結局、その授業が出し物になったらしく、
残念な結果に・・・。

せっかくの高校の思い出イベントなのに・・・。
このクラスの人達かわいそうですよ、かなり。

先生のわがままに付き合うの疲れて
どうでも良くなっちゃったんかなぁ。




結局最後まで可符香が出てきませんでした。
どうしたんだろ。

来週はお休みらしいです。もうしまの取材なのかな?


~気になった小ネタ~


・水野晴郎とか仲居くんとか、誉めてるようで全然w

・携帯で氣志團は自分ので試してみたら出来ましたw

・100円玉が昭和80年。もし昭和が続いてたら80年でしょうか。

・水野晴郎のコマの常月まといがかわいいです。


元ネタ解析はガンダーラ様がおすすめ。
分かるともっと楽しめます。



↓以下他の作品少しずつ。

→続きを読む

ハヤテのごとく!第50話を主に週刊少年サンデー第45号感想

Category : 週刊少年サンデー
ハヤテのごとく!
第50話「RAGING WAVES」




表紙!、巻頭カラー!、ポスターつき!

などなど特典満載の第50話です。

予告通り、ハヤテ×ナギの表紙、ポスター、
扉絵なのですが、ヒナギクの位置がマリアさんより
良いのが私には非常に気がかりです・・・。

しかもマリアさん。
肌の露出が多く、色目まで使ってて、
売れなくて焦って脱ぎ始めるアイドル
見ているようで、心配でたまりません。
自分を安売りしちゃダメです、マリアさん!!!
大丈夫だから・・・。


前回のピチピチ発言といい、
やはり彼女は人気と若さと色気に危機感を
感じているのでしょうか・・・。
うう・・・かわいそ過ぎる・・・かわいそ過ぎるよ。
。・゚・(ノД`)・゚・。。



そんな哀愁に浸りながら、今回の感想。

今回は咲夜所有のタイタニ○クのような
豪華客船で船旅。

それにしてもなんで、タイ○ニック号なんでしょうか?
タイガースとのタイ繋がりだけとは考えられません。

私が妄想するに、タイタニッ○と言えば、
あの映画。船首でカップルがイチャイチャするアレ。
そう、咲夜は無意識にしろ、意識的にしろ、
ああいうのを求めてるのですよ、きっと。出番とともに。

思えば、ナギにはハヤテ、ヒナギクにもハヤテとか剣道部員、
マリアさんにもハヤテ、西沢さんにもハヤテ、
サキさんにはワタル、伊澄にもハヤテとか秋塚さん(?)。

今思いつく女性キャラ全員に男の影があるのに、
咲夜には使用人ぐらいしか思いつきません。
なんか恋愛っぽいことゼロですよ!?
単行本の設定ではモテモテとかあったのに。

負けず嫌いな彼女のことなので、
きっと弱音は吐かないと思いますが・・・。

咲夜・・・(´・ω・`)



話は戻って、ナギは最近のハヤテの浮気(?)行動
の原因は、ちょっと馴れ合い過ぎたことに気付いた
見たいですね。

確かに最近は(誘拐事件以後?)、ナギはちょっと
素直になってきたし、ヒナギクのツンデレが目立ちすぎて、
ナギのそれが相対的にも影が薄くなってきてる気がします。


「確かに恋愛は追いかけるより・・・
追いかけさせた方が勝ちという・・・」

のコマはげんしけん6巻の荻上の妄想ですねw
なんで、これが思い浮かぶんだろw

それにしても、ツンとしようとしてるのに
照れちゃってる姿は非常にかわいいです。

挨拶された時のぱあ・・・て嬉しそうな顔、
ハヤテが顔近づけたときのドキッ+ほえっ!?
靴紐結んでもらってる時のドキドキ
終わったあとのクラ・・・・
などなど。
相当ハヤテが大好きなのですね、やっぱり。

でも負けず嫌いなせいか、ハヤテの上に立ちたいので
まだ素直にはなれない・・・と。


船では警備はどうなってるのか、
デ○ーズ・フリートと名乗るテロリスト登場。
デラーズですよね。ガトーとかいる。
0083スターダストメモリーは最近見たので
分かってちょっと嬉しい。
デンドロビウムとかでるやつ。
きっと作中と同じように、こいつらも負けるんでしょう。

それにしても、こういう時のナギは強いですね。
全く恐れが無いというか、堂々として。
最初誘拐された時の誘拐犯に対する態度といい、
単行本3巻での誘拐?でのロボットに対する態度といい。
慣れ、ですかね。
どれも確実に大丈夫とは言い切れない状況なのに。

まあ、無茶するからこそ、ハヤテも助け甲斐がある
ってものですが。


最後に伊澄も登場し、次回は?
畑先生のバックステージのコメント
後半は今回のシリーズの真の主役の活躍にご期待ください。
と書いてあるけど、
もしかして、それって伊澄?
彼女も最近不憫過ぎなので、ちょっと期待します。


P.S.
WEBサンデーのダウンロードスタジオで
今回の扉絵の壁紙が手に入ります。
まだの人は是非!






↓以下他の作品少しずつ。

→続きを読む

交響詩篇エウレカセブン第24話 パラダイス・ロスト感想

Category : 交響詩篇エウレカセブン
今回はサブタイトルと予告通り、
レントンとビームス夫妻の別れ、
そしてそれぞれの決意のような話でした。
もうこれからはビームス夫妻が敵になってしまうのが
残念です・・・。


エウレカは恋の病か、かわいそうで
見るの辛かった・・・。
レントンの部屋で膝から崩れて、レントンの写真
見つめる姿とか、レントンの芋色ジャージ着たり、
レントンの仕事もくもくとやったり、
レントンのためにラーメン作ったり、
ニルバーシュでレントンを探しに行こうとしたり・・・。
早く、怪我も治って、レントンも戻って、
眉毛も生えて(ぉ、元気な姿を見せて欲しいです。


ビームス夫妻は、レントンの正体に
少しずつ気づいていくのだけど、
それでも最後までずっと自分達の息子と思ってたり、
ほんといい人たちでした。
チャールズは、本当の父親のように生き方や、考え方を
無償で教えてたし、
レイさんは、ほんとレントンの事を自分の子供のように
愛していたようで、
今後敵同士になって、戦うことを想像すると
泣けてきます・・・。
せめて・・・せめて死なないで欲しいです。


ホランドは、ようやくレントンを認める決意をした
ようで、これからカッコ良くなるのかな?
最近は落ちっぱなしだったし・・・。
タルホさんは機嫌悪いけど、やっぱりホランドの事を
思っているようで、今回の
「ぶつかってきなさいよ!・・・受け止めてあげるわよ!!」
には彼女なりの深い優しさを感じました。
ほんといい姉さんですね。


そして、ムーンドギー兄さん
あーだこーだかっこよく言ってたけど、
やっぱ椅子が飛んでくるのは怖いんですねw
何もしてないのに椅子が飛んできたんだから、
何かしたら机かそれ以上の物が飛んできそうな
ドギー兄さんカワイソス(´・ω・`)
でも久しぶりにしっかりしてる姿が見れて良かったです。



<次回予告>
森を迷うレントンに、謎の金髪少年。一発キャラ?
それと昔のチャールズ?怖い顔。
よく分かりません。

さよなら絶望先生 第二十二話を主に週刊少年マガジン第44号感想

Category : 週刊少年マガジン
さよなら絶望先生
第二十二話
「恥ずかしい本ばかり読んできました」


今週は舞台が図書館だけあり、文字ネタが大量で
しばらく絶望先生系サイトを巡回しておりました。
改蔵と同じく、ネタが分かってる時とそうでない時の
印象が全然違います。

↓おすすめはこちら(無断リンクごめんなさい(ぉ)

ガンダーラ様 たぶん最強の元ネタ解析

トラウマ先生 ネタ付きイラストが頻繁に。掲示板も賑わってます。

NAMAUNI 専用コーナー「絶望しようよ♪」と長文の掲示板も。


で、感想。

今回は、ペリーさんの回など、以前から時々出てた
読書キャラ?の久藤准のお話。


彼は、タレ目と下睫毛が特徴的です。
落ち着いた不思議な雰囲気で、先生が
書だけでなく、心を読む気だと思うのも
なんとなーく分かるような。

ほんとに心が読まれるようなことがあったら
恐ろしいです。私なんか社会から抹消される気がします(ぉ
少年漫画を読みながら、あんなことやこんなことを
考えてるなんて知られたら・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
すでにここに恥ずかしいこと書きまくっててなんですが(笑


先生が読もうとした本が、すでに彼に読まれてる
のは、ただ彼が片っ端から読んでるだけでしょうか。
それでも凄いけど。

木冬あおい、こと、柊あおいは「耳をすませば」の
原作者ですよね。ジブリの映画版好きです。
監督はもうお亡くなりになってますが・・・。
あと、天沢聖司も作中に出てくる主人公の恋相手かな。


先生が無心・・・無心・・・って言いつつ、
考えたことが、あだち○み。
何か考えようとしても、思いつくことじゃないと
思うけど(笑


可符香は、もはやポジティブなんだか、黒いのか
よく分からなくなってきた気がします(ぉ
色々なおじさんとの繋がりといい・・・。
絵も可符香が描いたんでしょうか?


そして、久藤君の特殊能力「ストーリテラー」
木津千里に聞かせた「きっちりアメーバー」
内容が激しく気になります。
あとマリアが相手に出てこないのは、日本語が
まだ微妙だからとかでしょうか。

臼井はなんかパンチラの本読んでますw
木村カエレのパンチラ集だったりして。
同じ男子生徒なのに扱いが違いすぎる・・・。


最後のオチは・・・・なんだか分かりません(ぉ
あのペンギンはマスコットキャラ決定でしょうか?




結局今回は予想に反し(ぉ、
久藤准は特に影や黒さを感じさせず
きれいなまま終りましたが、
これからが気になります。
私はきっとこのままじゃ行かないと予想(ぉ


P.S.
久藤准の名前は、前述のHPのあちらこちらで、
くどう じゅん → じゅんくどう → ジュンク堂
説が有力です。
最初一人で考えて見たけど全然気付きませんでした。

私にとってジュンク堂は通ってる大学の最寄り駅の隣駅の(ややこしい
池袋にあるので、週1ぐらいは行ってる非常になじみ深い本屋で
なぜだか嬉しいです。


あと、マガジンのHPがリニューアルして
絶望先生の壁紙が入手できます。綺麗でおすすめです。
なぜか、出番は少ないのに新井智恵先生がw



↓以下他の作品少しずつ



→続きを読む

日めくりカレンダー
絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

最近の記事
全タイトルを表示
ついった
カテゴリー
最近のコメント
リンク
Amazon
プロフィール

ろっく

Author:ろっく
漫画とアニメと栄養が好き。
PHP、Python、jQuery使ってるWEBプログラマ。
ついったー

RSSフィード
検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1205位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。