スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィッチクラフトワークス1-5巻

Category : 漫画単行本
この前、池袋のとらのあなに行ってぶらぶら単行本コーナーを見ていた時、なんとなく見覚えある絵と作者名に気づき、買ってみました。


ウィッチクラフトワークス(2013/09/29現在5巻まで出てる)


見覚えの元は、2006年頃、マガジンで短期連載していたKILL WIZARD(現在絶版)でした。っていうかもう7年経っていることに驚き。マガジンで連載まだかな~と思ってましたが、goodアフタヌーンでやってたんですね。あと作者名の最後の文字が無くなって変わってます。変換できないから?




キルウィザードは当時好きだったので、感想書いた気がするけど検索でひっかからない。単行本も買ったはず。主人公の男がかわいかったのは鮮明に覚えていました。あと設定が必要以上に細かく考えてそうだけど、漫画には全然出てきていない所も。


でも、ウィッチクラフトワークスの主人公(男)は普通で、キルウィザードとは逆(?)に女の子で魔女の火々里綾火がかっこいい、美人、背でかい(180cmは余裕で超えてそう)、超強い、頭いい、けど頭ちょっとおかしい。

例えるとこれまた古いけど、あずまんが大王の榊さんみたいな。

主人公大好き、かつ妹の権利を主張するツンデレ系の妹も需要ありそう。

漫画に描ききれてない細かい設定は、表紙カバーを外した裏表紙で見ることができます。

あと最新の5巻の帯にはアニメ化進行中とありました。繊細な絵の描写とどうでもいいほど考えられて漫画には出てこない設定がアニメでどうなるのかちょっと心配です。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

ADAMAS 7巻、木曜日のフルット2巻、ミツルギなかよし3巻感想

Category : 漫画単行本
ADAMAS 7巻


エスメラルダの母親の話、エスメラルダの副業詐欺の話、ヒロミの文化祭、ウィルスングループとの話の序章の巻。

エスメラルダの母親は水晶使いでした。紫水晶(アメジスト)以外に黄水晶(シトリン)ってのもあると初めて知りました。

水晶の力は攻撃性はあまり無さそうだけど、浄化、美容、老化防止の能力に長けているそう。本人は年齢不詳。
何人も夫がいたり、フランス革命のことを知っているそぶり等から、下手すると数百歳行ってるのかもしれません。スプリガンのティア・フラット(魔女、会長さん)に通じるものがあります。

副業詐欺では、副業で月収150万稼げるけど、そのためには100万円以上の教材と講習が必要ですよーというよく聞く詐欺にエスメラルダが引っかかりそうになる話。お金はこわいね。


ヒロミの文化祭の話では、彼女の人使いの巧さ、学校生活が描かれていました。クラスでやることになった「オペラ座の怪人」は名前はいろんなところで聞いて知ってるけど、あらすじを知ったのは初めてでした。まだまだ知らないと恥ずかしい事だらけ。

ヒロミが怪力でクソ強いことは、クラスのみんなには周知の事実ながら、本人はばれていないと思っていたり、通り魔に人質に取られ圧倒的強さでねじ伏せる時も、一応「きゃーやめてぇ」とか言う所がかわいかったです。

それはそうと173Pで先生の頭がヒロイン役の有栖川のおっぱいに当たってるんですが・・・。彼氏は通り魔よりもこっちを気に病むべき。

木曜日のフルット2巻



週一2P連載だけに1年半ぶり。石黒先生の漫画力の高さあっての作品です。2Pでこれだけ読ませられる人は他に知りません。厚さが薄い本は買えるけど中身が薄い本は買えない人間には大好物。

これを読んでると貧乏ニートもいいなぁとか思ってしまいますが、体も心も弱いので無理そう。
今度肉が入ってない肉豆腐は作ってみよう。

この巻で普通な後輩ちゃんがどんどんかわいく思えてました。

フルット(猫)がマリア(カラス)の怪我を気遣かって、自分の食べ物を隠したふりをしてマリアにあげる話が特に印象に残りました。

学園革命伝ミツルギ なかよし(3)




これは言うことないですね。相変わらず。なんで買っちゃうのか、なんで笑えるのかよくわからない。ドリル&ステルスかわいいけど全く媚びてないのが非常に魅力的。媚びる絵描けたらこんなの作品の絵描いてないんでしょうが・・・。無二の漫画としてこのまま続けて欲しいです。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

エコー/ゼオン 2巻感想

Category : 漫画単行本
エクセルサーガがいよいよ終わりに近づいてから、この作品とデスレスがはじまり、どちらも楽しみです。

エクセルは月刊誌で現在26巻と連載期間も非常に長く、正直マンネリ感は否めませんでしたが、それを突き破るようにどちらも設定、キャラが面白いです。

エコー/ゼオン1巻を読んだ時は、まず主人公が「何だこのデブ」。そして、観世の音場再現能力、紫や通古賀家のゴタゴタとかなり展開が早く、勢いはあって飽きはしないけど、正直よく分からない感じでした。

この2巻では、少し落ち着き、デブの家族や、観世の過去の事情、これからの目標などがわかってきました。

最初の4Pはカラーで、いきなり紫(ゆかり)の風呂で乳首描写あり。電車などでは注意です。 紫の成長っぷりを息子(デブ)にチェックさせるというデブの父親の策略でしたが、最近の漫画もアニメも主人公は風呂で女の子の裸見過ぎです。風呂の中の音や、明かりには気づかないように訓練がなされているんでしょうか。

デブの名前は探すのに時間かかりましたが、高雄というそうです。なので以下高雄。

裸を見られて減るもんじゃないという紫に対していった、高雄ママの「減ル!女の操は減るヨ!」には禿同。

高雄は、強さのためにデブでいるらしいですが、幼なじみの紫に見られていないと弱いという設定。

観世の体操服越しの巨乳でむんむんするデブ、高雄ですが、そういえばあまり胸の大きくない紫は何度も露出するのに対して観世はほとんど露出がありません。このメリハリというか、使い分け見事です。露出すればいいってもんじゃねえ。まあ、大きくないと脱がないと見せ場がないってのもあるかもしれませんが。

観世には過去に死んだ観音という姉がおり、観音の方を贔屓していた母親のために観音の声を使い、彼女のふりをしていることが分かり、さらに観世は自分の声が分からないということが発覚。自分の声の獲得は一つの目標になりそうです。

他にも観世の音場の再現能力には高度な分解能力や膨大な記憶量があることが分かってきますが、これは死んだ姉と関係があるのでしょうか。タイトルも観世、観音姉妹の名前から来てるだろうし、観音のことはかなり深そうです。

半年に一回ペースっぽいので、次巻は3月ぐらいでしょうか。もうちょっとヒロインなりキャラが欲しいところです。




テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

日めくりカレンダー
絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

最近の記事
全タイトルを表示
ついった
カテゴリー
最近のコメント
リンク
Amazon
プロフィール

ろっく

Author:ろっく
漫画とアニメと栄養が好き。
PHP、Python、jQuery使ってるWEBプログラマ。
ついったー

RSSフィード
検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1387位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。