スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別冊マガジン 10月号(創刊号)感想

Category : 週刊少年マガジン
別冊少年マガジン 2009年 10月号 [雑誌]
別冊少年マガジン 2009年 10月号 [雑誌]


月刊サンデー(ゲッサン)への対抗なのか、マガジンからも月刊雑誌が新創刊。
メインはサンデーで金色のガッシュの雷句先生作品。表紙もそれ。
いろいろあって小学館からは縁を切った方です。

でも一番気になっていたのは、久米田先生原作、ヤス先生画の「じょしらく」。
最近は漫画買って読みはするものの、なかなか感想書いたりする時間と気力が
出ませんが、一番上がFC2の広告というのは嫌なので更新。

巻頭ポスター(PEACH-PIT先生の描く糸色倫)
色はきれいだけど、アップすぎで肝心のふわふわロングが見えない・・・。
でもよく見ると矢羽模様が下の方で髪っぽくなってます。


どうぶつの国(最初本気で「森」と打ちミス)
広告で見たとき、一瞬あのゲームの漫画化かと思いましたがオリジナル。
雷句先生のやる気が感じられるような生命力がいっぱいです。
週マガの読みきりもでも感じたけど、厳しい状況でも生きようとする、
生きようとさせる力みたいなのが伝わってきます。

もしかしてサンデーでの執筆環境が、この「動物の厳しい世界」という
テーマを作るきっかけとなったのでしょうか。

超人学園
悪魔の女の子の、白黒反転したような目は最初慣れなかったけど、
読んでいくうちにかわいく思えた。

ぷあぷあ?
ぬる系?な絵の4コマだけど一部エロくてびっくり。

ウィザードリィ ゼオ
良さげな仲間があっさり死んでびっくり。

そんな未来はウソである
相変わらず白いけど、確かに背景無くても良い気もしてきます。

バニラスパイダー
自分もよく自動扉に無視されます。
昨日も秋葉原のコンビニで、また開かないことがあったけど
よく見ると、触れて開ける形式の扉でした。

嵐の伝説
面白かったけど、描く側も読む側も続く気はしない。


進撃の巨人

壁に囲まれた街を見ると、安倍吉俊先生の灰羽連盟を思い出します。
また見直したくなったけど、DVD-BOXをまだ買って無かった。

かなり絶望的な状況ですが、地下室に何か打開策があるんでしょうか。

浪漫三重奏
変態教授はレギュラー?

天使のトビト
まだ前フリでなんとも。

蓬莱ガールズ
これも前フリ。
小さな部屋と2人だけの生活から、いきなり外ですが、
学問も武術も相当できるってことで、大丈夫なんでしょうか。

恋忍
デレツンらしいですが、デレツンデレにはせずにこのままいけるでしょうか。

じょしらく
これを一番後ろに持ってきたのは、久米田信者に全部読ませるため?
次号は表紙らしいですが。
「じょしらく」は女子+落語ということみたいです。

落語が始まるかと思いきや、どうでも良い話でした。
かってに改蔵のファミレスの回や、絶望先生の霧ちゃんのどうでも良い話の回
を絵でずっとやったって感じでしょうか。
それらはどちらも好きな話ですが、やっぱり久米田絵じゃないと物足りない感じがします。

絵が違うから一見久米田作品って感じはしませんが、
読んでると、所々でやっぱ久米田先生だ、と思えたり。

久米田先生もヤス先生もこの形態に慣れてないと思うので、
しばらく様子見です。なにかやってくれそうな気もします。


全体的に
作品数を控えて、どれもページが多かったのが原因か、
それとも作品自体がいいのか分かりませんが、
ゲッサンより良かったです。
これなら次号安心して買えそうです。


P.S
そういえばコミケ申し込んだけど、そのことも書かずしまい。
コミケ2日目は前日、前前日と動き回って風引いて行けませんでした・・・。
もう10回以上行ってるけど、少年漫画の日に行けなかったのは初です。

漫画とかCDとか買う量は減ってないんですが、それを楽しむ時間が減ったのが
一番の要因ですかね。大学生の時はサンデー、マガジンともに4,5回ずつは
寝る前とかに読み直してた気がしますが、今は多くて2回程度。
一回読む時間も早くなってしまった気がします。
スポンサーサイト

週刊少年マガジン28号感想

Category : 週刊少年マガジン
乾電池の宣伝企画を巻頭カラーの50周年企画でやるって・・・・・・。
サンデーだけかと思いきやマガジンも。
広告主を選べなくって来てるんでしょうか。

CODE:BREAKER
上条先生の新連載。
ちょっと前までやってた「しろがねの鴉」
いきなり設定満載の「ファンタジー過ぎてとっつきにくく人気が出なかったのか
すぐ終わってしまいましたが、これは普通の高校から始まるので
分かりやすい気がします。というか女の子が私の好み。
先生は男を描きたいのかも知れませんが。

ダイヤのA
もう101話って2年やってるんですね。あっという間。
降谷は投球練習をメインでやりつつ、あの打撃だから
本職のバッターは相当悔しいでしょうね。ちょっと凄すぎる気が。

フェアリーテイル
斑鳩寺行きたいなぁ。
あとD-LIVEの主人公も斑鳩でした。

涼風
新しい別の作品が始まってるみたいですが、
妊娠がトラウマで怖くて読んでません。

シバトラ
福島満グロ注意。
見たことあるなぁと思ったら、サイコメトラー、クニミツと3作品に出てるんですね。

ヤンキー君とメガネちゃん
一発キャラがもったいないくらい良いのが多いです。

さよなら絶望先生
自分を見ているもう一人の自分、ゲッペルドンガー(造語)のお話。
ドッペルゲンガーはFF2(もちろんファミコン版)で知りました。
私も昔は一日中パソコンの前に座ってる自分を見てる人がいましたが
今はもういません。
先生は育ちが良いから、ゲッペルが現れないだけでは・・・?
千里は最近オシャレがんばって(?)ますね。
シャツ+ネクタイファッションも驚きましたが。
最後にきよ彦。


スタンドバイミー
すっかり戦争漫画で自分は好きなんですが
マガジンでやっていけるのかどうか。
どんな戦局なのかまだよくわかりませんが、敵も訳rありのようです。




関係ないけど、最近は仕事をきっかけにPHPとかMySQLの勉強はじめたり
同人用にドメイン(http://chiisanamahou.com)取ったり(今はただここに転送してます)、
安い有料サーバー借りていろいろやってます。面白いです。
WordPressも置いてみたけどやっぱいいですね。テンプレがまんまPHPなので
理解したり、改造したりするのでも手間取りそうですが。
いつか移転するか、WPでサイト作って、ここをブログとしてそのまま埋め込む形にしたいです。

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

週刊少年マガジン25号感想

Category : 週刊少年マガジン
気になるのを少しだけ・・と思ったら
絶望先生以外書いたのに消えてしまいました・・・。

さよなら絶望先生
加賀愛ちゃんが、単行本裏表紙(+カバー下)に引き続き
冒頭で大活躍。介抱する久藤が綺麗にエロいです。

ネタは決定権(キャスティングボード)。
先生の説明まんまだと「少数勢力または個人の行動が
体勢を左右する影響力を示してしまう事です。」

後で出てくるように少年漫画の主人公とかまさにそれですが、
2ちゃんのスレの流れが2の書き込み内容で決まってしまうことも
そうでしょうか(ぉ

議題が黒板が出るごとに変わってましたが、
肉vs魚、雪男vs半漁人、ハトvsタカ?は一体何の投票だったんでしょうか。

小節あびるの後姿の裸が強烈だけど、そんないやらしくはないです。
おとなのあつかいの回の倫に続いて2人目?

売れ残っている1冊の単行本がキャスティングボードになりうるという所では
先生が「売れたら3期」という紙を持っていますが、
DVDだけでなく単行本の売り上げもアニメに影響するんでしょうか・・・。

秋葉原のゲーマーズやとらのあなでは、発売後しばらく
入ってすぐのいい場所に並んでたので、売れてるんだ(売りたいだけ?)と思いましたが
どんくらい売れればいいんでしょうか
日めくりカレンダー
絶望先生暦 昭和日めくりカレンダー

最近の記事
全タイトルを表示
ついった
カテゴリー
最近のコメント
リンク
Amazon
プロフィール

Author:ろっく
漫画とアニメと栄養が好き。
PHP、Python、jQuery使ってるWEBプログラマ。
ついったー

RSSフィード
検索
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
1324位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。